【MotoGP】ビニャーレス、マルケスの”邪魔”に憤慨も、成果には大満足

ヤマハのビニャーレスは、ロングランをマルケスに邪魔された件について彼を激しく非難しているようだが、テストの成果には満足している。

 ヤマハのマーベリック・ビニャーレスはテストの成果には満足しているようだが、レプソル・ホンダのマルク・マルケスにロングランを邪魔されたとして、彼を激しく非難している。

 ビニャーレスは、オーストラリアのフィリップアイランドで行われた公式テストで総合トップタイムを記録。総合2位だったマルケスに対しても0.294秒の差をつけた。一方でビニャーレスはテスト期間中、レースペースの改善が必要だとコメントしていた。

 テスト最終日の3日目、ビニャーレスはレースシミュレーションに取り組んでいたが、5周した時点でプログラムを中止したという。それは、マルケスが彼の後ろに”つけていた”ことをチームが知らせてきたからだという。

 テスト終了後、メディアにこのことについて語ったビニャーレスは、興奮した様子でなぜマルケスが後をつける必要があったのか「理解できない」と語った。

「わかっていた」と事件について尋ねられたビニャーレスは答えた。

「チームが僕に、マルケスが後ろについていると言われた。僕は止めたくなかったのに」

「次にロングランをやるときは、僕が彼を邪魔する番だ」

 また、ビニャーレスは次のように付け加えた。

「本当に理解できない。僕は自分の仕事をして、ロングランをしていたのに、プッシュできなかった。僕は彼を”エスコート”するつもりはないよ」

「彼が後ろにいて、僕がどう走るのかを”勉強”しているのに、プッシュし続けるわけにはいかない。だからロングランを中断せざるをえなかった。1分29秒中盤でずっと走っていられたのに、残念だ」

「でも僕は満足している。彼も今週は良い仕事をしたよ。僕たちはふたりとも前進を果たしただろうし、開幕戦が楽しみだ」

 ビニャーレスは、チームメイトのバレンティーノ・ロッシにベストタイムでほぼ1秒の差をつけており、マルケスの邪魔が入ったにもかかわらず、ロングランとアタックラップのどちらにも満足していると語った。

「僕は疲れていたにもかかわらず、レース(距離)の半分以上を1分29秒台で走れていた」と彼は語った。

「(ロングランでは)マルクに近く、1ラップ(のアタック)では1分28秒中盤が出せた。僕はハッピーだよ」

 一方のマルケスは、コース上でビニャーレスを観察するのは”面白かった”と語ったが、ヤマハのライダーを倒すのは骨が折れる仕事になりそうだと感じている。

「今日のある走行では、僕がコースに出て行くと彼(ビニャーレス)がパスして行くのが見えた。それから数周した」と彼は語った。

「すぐに僕はその”差”を埋めることができて、彼の後ろについて2周したんだ。面白かったよ。他のバイクの走りを見るのはいつも面白い」

「また、ドゥカティや他の何台かも強そうに感じた。スズキも本当に良さそうだったので、後をついていくのが面白かった」

「ヤマハは昨年のように、本当に競争力のあるバイクだ。パッケージ全体が本当に良い。彼らを倒すのは、難しい仕事になる」

 【関連ニュース】

【MotoGP】テストの結果に不満のロッシ「問題を解決できなかった」

【MotoGP】解決策を見つけたマルケス「電子制御は改善しつつある」

【MotoGP】豪テスト最終日:ビニャーレスが連日トップで総合首位

【MotoGP】豪テスト2日目:ビニャーレス唯一の1分28秒台でトップ

【MotoGP】ビニャーレス「マルケスと戦うためにペースの改善が必要」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 フィリップアイランド公式テスト
サーキット フィリップアイランド・グランプリ・サーキット
ドライバー マルク マルケス , マーベリック ビニャーレス
チーム Repsol Honda Team , Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース