【MotoGP】ビニャーレス、ロッシ3位に”ビックリした”

MotoGP開幕戦カタールGPを制したマーベリック・ビニャーレスは、バレンティーノ・ロッシが3位まで浮上してきたことに”驚いた”と語る。

 ヤマハ移籍初戦、今季のMotoGP開幕戦を迎えたマーベリック・ビニャーレスは、スタートで一時出遅れたものの、ドゥカティのアンドレア・ドビツィオーゾとの激戦を制して勝利を収めた。

 このふたりの後ろにはビニャーレスのチームメイトであるバレンティーノ・ロッシが続いた。この結果についてビニャーレスは、とても驚かされたと言う。特にロッシは10番グリッドからスタートしたにも関わらず、サインボードで「すぐ後ろにいる」と伝えられた時は、特に驚いたようだ。

「僕は、彼を全く抑えることができなかった」

 そうビニャーレスはロッシについて語る。

「バレンティーノが、いつも日曜日に上がってくることは知っている。しかし、サインボードに”+0秒 バレンティーノ(バレンティーノがすぐ後ろに来ているぞ!)”と出た時、僕は『そんなことありえないだろう!』と思ったんだ」

「そして僕は彼に抜かれることを心配していたから、全然自分のレースをすることができなかった。しかし、僕は1分56秒台のラップを重ね、差を開くことができたんだ」

「バレンティーノにはおめでとうと言いたい。プレシーズンは、彼にとって厳しいものだった。でもそれを克服し、表彰台を獲得したんだから」

勝ったことで”肩の荷が降りた”

 オフシーズンのテストを”支配”したビニャーレスは、優勝最有力候補としてカタールGPに挑んだ。そして彼は、勝つことによってのみ救われると認める。

「肩の荷が降りたよ」

 そうビニャーレスは語る。

「僕はすべてのテストでリードし、勝つことを考えてここにやってきた。完璧だったFP1が終わった後、勝利に向けたプレッシャーは簡単なモノではなかった」

「僕はそれをやってのけたし、とても満足している。次のアルゼンチンに向けても、モチベーションは非常に高いよ!」

Additional reporting by Oriol Puigdemont

【関連ニュース】

【MotoGPカタール】決勝:ビニャーレス圧巻。大逆転でヤマハ初優勝

【Moto2】長島哲太「自分はここにいる!」と主張する1年が開幕

【MotoGP】ドヴィツィオーゾ「ビニャーレスに勝つのは不可能だった」

【Moto2カタール】決勝:中上貴晶3位表彰台獲得。モルビデリ初優勝

【MotoGP】マルケス「ビニャーレスはみんなの一歩先を行っている」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 カタールGP
サーキット ロサイル・インターナショナル・サーキット
ドライバー マーベリック ビニャーレス , バレンティーノ ロッシ
チーム Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース