【MotoGP】ビニャーレス「左コーナー”だけ”、かなり苦労している」

ビニャーレスは、ヤマハはへレス・サーキットの左コーナーでかなり苦しんでおり、ホンダに対して多くのタイムを失っていると語った。

 ヤマハのマーベリック・ビニャーレスは、MotoGP第4戦スペインGPが行なわれているへレス・サーキットの左コーナーでかなり苦しんでおり、好調なホンダ勢に対して多くのタイムを失っていると語った。

 2017年シーズン、最初のヨーロッパ開催レースとなるスペインGPでは、全セッションでレプソル・ホンダ勢がトップ。予選では、ダニ・ペドロサ(レプソル・ホンダ)がポールポジションを獲得し、チームメイトのマルク・マルケスが2番手となった。さらに、カル・クラッチロー(LCRホンダ)が3番手となりフロントロウをホンダ勢が独占した。

 ビニャーレスはペドロサから0.428秒から遅れの4番手だった。彼は左コーナーでリヤのグリップが欠けていると述べた。

「右サイドは本当に良い感触があるし、予選でも実に素晴らしいリズムだった」と彼は語った。

「右コーナーだけのセクター2と4では、僕たちは素晴らしい」

「しかし、左サイドは少し難しくて、僕たちはかなり苦労している。特にバイクを傾け始めたところでかなりのホイールスピンがあり、スピンを止めることができていない」

「右サイドでかなりプッシュする必要があるから、良いラップをするのがかなり難しい」

「ヤマハ勢は全員この問題を抱えている。僕たちは、ウォームアップでセットアップを改善できるよう、本当に熱心に取り組まなくてはならない」

 この問題に遭遇したのは、今回が初めてかと問われたビニャーレスは初めてのケースだと認め、ペドロサの後ろで走行した際に、その影響が浮き彫りになったとコメントした。

「僕がダニの後ろについていた時、左コーナーで驚いた。(ホンダの)トラクションにびっくりした」とビニャーレスは振り返った。

「逆サイド、つまり右コーナーではギャップを縮めることができた」

「僕にとって、それは奇妙なことだったし理解できない。もう一歩前進することができれば、もっと自信を持ってバイクに乗れるが、今は難しい」

ペドロサ、ヤマハ勢の復活を予想

 ヤマハは過去2年、へレスで優勝してきた。昨年は、ポールポジションからスタートしたバレンティーノ・ロッシが優勝を果たしている。

 ロッシは今回、予選7番手にとどまった。しかし、ペドロサはロッシとビニャーレスがレースで立ち直ってくると予想している。

「現時点で何が起こったかはわからないが、ふたりとも良いバイクを持っている。それにバレンティーノにとって、このトラックはお気に入りのひとつだろう」とペドロサは語った。

「彼らのバイクは通常、とてもラップタイムが安定している。僕らのバイクよりタイヤにも優しいし、ライダーの身体にも優しい。だから、明日の決勝で彼らを除外したりはしない」

Additional reporting by German Garcia Casanova

【関連ニュース】

【MotoGP】マルケス「タイム更新のためにペドロサの後ろについた」

【MotoGP】スペインGP予選:ペドロサPP獲得。ホンダトップ3独占

【MotoGP】4番手のロレンソ「自信を持ってバイクに乗れている」

【MotoGP】マルケス「今年、なぜ僕らが速いのか分からない」

【MotoGP】スズキの津田拓也、代役でスペインGP参戦が正式決定

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 スペインGP
サーキット サーキット・デ・ヘレス
ドライバー マーベリック ビニャーレス
チーム Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース