【MotoGP】ブルノ合同テスト:首位ロッシ、0.018秒差でマルケス破る

MotoGPチェコGP後に行われたブルノでのインシーズンテストで、ロッシがトップタイムを記録した。

 月曜日、MotoGPチェコGP後に行われたブルノでのインシーズンテストで、ヤマハのバレンティーノ・ロッシがトップタイムを記録した。

 テスト後半でトップタイムを記録していたのはホンダのマルク・マルケスだったが、ロッシは1分55秒162を記録して、そのマルケスから0.018秒差でトップタイムを塗り替えた。

 ヤマハチームは、インシーズンテストでYZR-M1の新しいエアロフェアリングをテストしていた。ロッシのチームメイトであるマーベリック・ビニャーレスは、セッションの大半をリードしていたが、マルケスとロッシに先行され、結局3番手となった。

 4番手はドゥカティのホルヘ・ロレンソ。その一方のチームメイトであるアンドレア・ドビツィオーゾは11番手だった。ドビツィオーゾは、チェコGPでロレンソが使用した新しいフェアリングのテストしていた。

 ヨハン・ザルコ(テック3ヤマハ)が5番手、6番手はLCRホンダのカル・クラッチローだった。クラッチローはチェコGPのFP3で起きたクラッシュによって背中を負傷。今回セッションの途中で、療養のために走行を中断している。

 ホンダのダニ・ペドロサは7番手、ジョナス・フォルガーは(テック3ヤマハ)8番手だった。

 また、スズキのアンドレアス・イアンノーネが序盤でクラッシュし、セッションの大半をガレージで作業していたため、テストライダーである津田拓也がテストに参加した。結局、スズキ勢の中では、後半に復帰したイアンノーネが9番手タイムを記録してトップ。アレックス・リンスと津田はそれぞれ14番手と18番手となった。

 なお、今回のテストに、ドゥカティのサテライトチームであるプラマックとアスパー、アビンティアは参加しなかった。

【関連ニュース】

 ロッシのセッティングを”真似”、3位になったビニャーレス

ロッシ「フラッグ・トゥ・フラッグは得意じゃない」

MotoGPチェコ決勝:マルケス好判断! 2周目のマシン乗り換えで連勝

クラッチロー、医師の”欠場勧告”を無視して予選に出走

 ロレンソ「ホンダはブルノでテストしたことで前進した」

ブルノ合同テスト結果

PosRiderTeamFastest lapLead. Gap
1  Valentino Rossi Yamaha 1:55.162  
2  Marc Marquez Honda 1:55.180 0.018
3  Maverick Vinales Yamaha 1:55.335 0.173
4  Jorge Lorenzo Ducati 1:55.542 0.380
5  Johann Zarco Yamaha Tech 3 1:55.691 0.529
6  Cal Crutchlow LCR Honda 1:55.768 0.606
7  Dani Pedrosa Honda 1:55.795 0.633
8  Jonas Folger Yamaha Tech 3 1:55.830 0.668
9  Andrea Iannone Suzuki 1:56.123 0.961
10  Aleix Espargaro Aprilia 1:56.263 1.101
11  Andrea Dovizioso Ducati 1:56.403 1.241
12  Tito Rabat Marc VDS Honda 1:56.535 1.373
13  Jack Miller Marc VDS Honda 1:56.634 1.472
14  Alex Rins Suzuki 1:56.637 1.475
15  Pol Espargaro KTM 1:56.668 1.506
16  Bradley Smith KTM 1:56.976 1.814
17  Sam Lowes Aprilia 1:57.851 2.689
18  Takuya Tsuda Suzuki 1:59.749 4.587
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー バレンティーノ ロッシ
チーム Yamaha Factory Racing
記事タイプ テストレポート