【MotoGP】元ホンダ代表中本修平氏、ドルナの特別顧問に就任

ホンダの元MotoGPプログラムの代表であった中本修平氏は、MotoGPのプロモーターであるドルナのスペシャル・アドバイザーに就任した。

 ホンダの元MotoGPプログラムの代表であった中本修平氏は、MotoGPのプロモーターであるドルナのスペシャル・アドバイザーに就任した。

 2009年から今年4月に引退するまで、ホンダのMotoGPプログラムの代表だった中本氏。かつてはホンダF1の副マネージング・ディレクターを務めた。

 中本氏はケーシー・ストナーやマルク・マルケスをはじめとしたライダーを擁したレプソル・ホンダを率いて、5度マニファクチャラーズチャンピオンに輝いた。

 ドルナでの新しい役割は、元ライダーであるアルベルト・プーチとともに、同社の”タレント・プロモーション”のマネジメントであり、アジアとヨーロッパで開催されるタレント・カップの監督を行うという。

 ドルナCEOであるカルメロ・エスペレータは、次のように語った。

「”ナカモトさん”をドルナに招くことができたことは光栄だ」

「彼の経験と成功は類い稀なものであり、彼は会社と我々のビジョンにとって貴重な資産となるだろう」

「我々は共に働くことを誇りに思っており、彼の経験がドルナと我々の未来に活かされることを楽しみにしている」

【関連ニュース】

 新シャシー使用しないが「ホンダの作業に満足」とマルケス

マルケス、ロレンソは今年中に優勝できると”復活”を確信

スズキ移籍1年目のイアンノーネ。才能を”浪費”している!?

クラッチロー1台体制に”うんざり”? チームメイト熱望

【鈴鹿8耐】中上、2度の不運で表彰台ならず「悔しいし、申し訳ない」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
記事タイプ 速報ニュース
タグ shuhei nakamoto