【MotoGP】マルケス「ビニャーレスはみんなの一歩先を行っている」

ホンダのマルケスは、開幕戦カタールGPのフリー走行を終えて、ヤマハのビニャーレスが「みんなの一歩先」にいると感じているようだ。

 レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、金曜日の走行を終えた段階で、ヤマハのマーベリック・ビニャーレスが全ライダーの”一歩先”を歩いていると考えているようだ。

 今シーズン、ヤマハに新加入したマーベリック・ビニャーレスは、冬に行われたプレシーズンテストすべてで総合トップタイムをマークした勢いそのままに、開幕戦カタールGPでもこれまでのところ好調さを維持している。

 ビニャーレスは3回のフリー走行のうち、2回トップタイムをマークしており、総合タイムでも総合2番手のアンドレア・イアンノーネ(スズキ)に対して0.532秒の差をつけ、他のライダーを圧倒しているのだ。

 マルケスは総合3番手につけており、ホンダエンジンを改良するという作業に引き続き取り組んでいる。しかしビニャーレスは優位を保っており、決勝で彼の近くに留まるのですら”挑戦”だと語った。

「マーベリックと一緒に走ることができれば、それはすでに良い結果だと言えるだろう」とマルケスは語った。

「改善すべき点がいくつかあり、コンディションがどうなるかは見てみなければわからない。しかし現時点では、正直に言ってマーベリックはみんなよりも一歩先を行っている」

「だけど、僕たちは表彰台に上がる方法を見つけなければならない」

 イアンノーネは、金曜日に行われたフリー走行3回目のセッション終盤、タイムを大きく更新し総合2番手まで浮上したが、マルケスの意見と同じく、ビニャーレスに対しては”また別の話”だと語った。

 ビニャーレスのチームメイトであるバレンティーノ・ロッシはビニャーレスから1.098秒遅れ。なんとか総合10位で予選Q1出走を免れている。

 ロッシは、フリー走行3回目でセンサーのトラブルに見舞われ、リヤサスペンションを交換する必要があったため走行時間を失ったが、自身のペースについては素晴らしいものではないと語った。

「ビニャーレスの方が速いようだ」と彼は語った。

「他のライダーもそうだろうが、もっと快適にコーナーに入っていけるような、適切な方法を見つけることができれば、ペースももっと速くなるしより安定するようになる。僕たちは、それほど遠くない」

ビニャーレス、FP2での転倒は問題なし

 ビニャーレスは、フリー走行2回目の序盤で転倒を喫してしまった。彼はヤマハのライダーとして、昨年の11月にセパンで行ったプライベートテスト以来、2回目のクラッシュとなる。

 ビニャーレスは、コース上でチームメイトのロッシに詰まってしまい、彼をコース上でオーバーテイクした直後、ターン4で転倒を喫してしまった。この転倒の原因は、ターン4でブレーキが遅れ、ラインを外してしまったことだという。

「ブレーキが遅れてしまったんだけど、”OK、とにかくコーナーに向かおう”と思った。だけど、それは不可能だった」とビニャーレスは語った。

「ラインを外れてしまった。完全に僕のミスだ。クラッシュした時、”転倒することはわかっていたのに、そうしてしまった”と思った」

Additional reporting by Oriol Puigdemont and Jamie Klein

【関連ニュース】

【MotoGPカタール】FP3:イアンノーネを退けビニャーレスがトップ 

【MotoGPカタールGP】FP2:ビニャーレス転倒。レディングが首位

【MotoGP】ビニャーレス「最初のレースは勝たなくてもいい!」

【MotoGP】スズキのイアンノーネ、速く走るためビニャーレスを”真似”

【MotoGP】好調テック3のルーキーふたり。開幕戦に向けて準備万端

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 カタールGP
サーキット ロサイル・インターナショナル・サーキット
ドライバー アンドレア イアンノーネ , マルク マルケス , マーベリック ビニャーレス , バレンティーノ ロッシ
記事タイプ 速報ニュース