【MotoGP】モトクロスで負傷のロッシ。経過良好。金曜中にも退院へ

木曜日、トレーニング中のモトクロスの事故で負傷したバレンティーノ・ロッシは、金曜日に病院から退院することができるかもしれない。

 MotoGPにヤマハから参戦するバレンティーノ・ロッシは、木曜日にイタリアのクロスクラブ・カヴァッラーラでモトクロスに乗り、トレーニングを行っていた。しかしロッシはこの際に事故を起こし、胸部と腹部に”軽い”外傷を負った。

 ロッシはリミニのオスペダーレ・インフェルミで一晩を過ごした。しかし金曜日にヤマハが発表したところによれば、合併症を発症することもなく、一晩かけて”ポジティブな治療過程”を経験したという。

「バレンティーノはドクターに対し、胸部と腹部の両方で痛みが減っていることを語った」

 そう声明により明かされている。

「痛みは、肝臓と腎臓にわずかなダメージを負ったことから引き起こされたものだ。しかし、それは合併症には進行していない」

「バレンティーノはこの後12時間にわたって、痛みを軽減する治療を受けることになる。そして、その日のうちに診察を受けることになる」

「結果が良好であれば、その日のうちに退院する可能性がある」

【関連ニュース】

ロッシ、モトクロスでのトレーニングでクラッシュ。病院へ

MotoGPフランス:優勝のビニャーレス「ロッシ転倒なくともチャンスはあった」

MotoGPフランス最終周で転倒のロッシ「勝利は目の前にあったのに…」

MotoGPフランス決勝:最終周ロッシが転倒。ビニャーレス優勝

ロッシ「ジュニアチームのMotoGP参戦の予定は"まだ"ない」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー バレンティーノ ロッシ
チーム Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース