【MotoGP】モビリティランド、日本GP開催契約を2023年まで締結

ドルナ社と株式会社モビリティランドは、2019年から2023年までのMotoGP日本グランプリの開催契約を締結したことを発表した。

 MotoGP世界選手権シリーズのプロモーターであるドルナ社と株式会社モビリティランドは、ツインリンクもてぎで開催されている「ツインリンクもてぎ2&4レース」の会場において、2019年から2023年までのMotoGP日本グランプリの開催契約を締結したことを発表した。 

 ツインリンクもてぎでは、1999年の初開催以来18年連続で本大会を開催しており、今年は10月13~15日に開催される。 

 今回の発表に対し、それぞれの代表が次のようにコメントを寄せた。

ドルナスポーツ社 CEO カルメロ・エスペレータ

 「ツインリンクもてぎの20周年を祝う場所で、新たな契約の発表が出来ることを心から嬉しく思います。ツイ ンリンクもてぎはHondaのホームコースであり、さらに日本グランプリはヤマハ、スズキなどMotoGPの中心と なるメーカーにとってもホームグランプリであることから、チャンピオンシップの中でも、もっとも重要な大会 の一つと言えます。この大会を継続的に開催することで、我々はモビリティランドとともにMotoGPシリーズ の価値をさらに高めていきたいと考えています」 

株式会社モビリティランド 取締役社長 山下晋 

「ツインリンクもてぎ20周年の節目となる年に、フラッグシップレースであるMotoGP日本グランプリの継続開 催を発表できることを、主催者として大変嬉しく思います 日本グランプリを継続して開催することは、レースを楽しみにご来場いただくファンの皆様にとってはもちろ ん、このレースに関わるメーカーの皆様にとっても大変重要であると考えています。厳しい環境ではありま すが、このステージを安定的に提供することで、モーターサイクルスポーツ文化の発展に寄与していきた いと考えています。 この度、日本開催の重要性を理解し、延長契約に向け力強いサポートをしてくれたド ルナスポーツ社に感謝いたします」 

※文中コメントはモビリティランドのリリースより抜粋。

【関連ニュース】

【速報】中上貴晶のMotoGP最高峰クラス昇格が発表。LCRホンダに加入

最高峰クラス挑戦の中上貴晶「世界の頂点で戦うことを目標としてきた」

 日本GPピットツアーが当たる『MotoGP人気マシン総選挙』実施中!

日本GP観戦券6/3発売。今年はV字コーナー指定席新設

問題解決にお手上げのロッシ「日本からの助けが必要」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
記事タイプ 速報ニュース