【MotoGP】ヤマハ、シーズン中テストでタイヤの問題を集中対策

ヤマハは、日曜日にミサノでプライベートテストを行い、オーストリアで抱えたタイヤの問題を解決することに集中したようだ。

 ヤマハのワークスライダーであるバレンティーノ・ロッシとマーベリック・ビニャーレスは、日曜日にミサノでプライベートテストを行い、オーストリアで抱えたタイヤの問題を解決することに集中したようだ。

 日曜日のみ行われたテストについて公式リリースは出ていないが、ヤマハの広報担当者は、午前中ににわか雨が降ったものの、とても生産的な1日になったと説明している。

 今月初めにレッドブルリンクで行われたオーストリアGPで、ライバルのドゥカティとホンダのペースから離されてしまったヤマハ。その解決策を探るべくテストでは90周の走行を行なったという。

 またそのテストにはホンダワークスのマルク・マルケスとダニ・ペドロサ、さらにサテライトのカル・クラッチローも参加していたようだ。しかし、ホンダはその日のプログラムの詳細について語ろうとしなかった。

ドゥカティ、2日間のテストを決行

 さらにドゥカティやアプリリア、KTMも月曜日から2日間に渡ってテストを行う。

 月曜日のテストにドゥカティから参加したのは、テストライダーであるミケーレ・ピッロのみであり、彼はブルノに持ち込まれた2種類のフェアリングの比較テストを行った。

 火曜日はワークスドライバーのホルヘ・ロレンソとアンドレア・ドヴィツィオーゾが走行を担当するという。

【関連ニュース】

9/28発売公式ゲーム『MotoGP 17』でバイク操る”楽しさ”体感

問題解決にお手上げのロッシ「日本からの助けが必要

ワークス熱望のザルコ「ヤマハの2台を倒すのが”僕の道”」

ヤマハ、リヤタイヤの性能劣化に苦戦も「選択に後悔はない」

MotoGPオーストリア決勝:ドヴィツィオーゾ、大激戦の末マルケスを下す。今季3勝目

最高峰クラス挑戦の中上貴晶「世界の頂点で戦うことを目標としてきた」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー マーベリック ビニャーレス , バレンティーノ ロッシ
チーム Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース