【MotoGP】ヤマハ「2017年マシンは昨年型がベース。設計は固まった」

ヤマハは、2017年プロトタイプM1が2016年に行われた2回のテストから進化を遂げており、設計はほぼ固まったことを明らかにした。

 1月19日にスポンサーのモビスターの本拠地であるマドリードで、ヤマハは今季の参戦体制を紹介するセレモニーを行う。このセレモニーは、新加入のビニャーレスにとって、移籍してから初めての公式の場となる。

 ヤマハのテクニカルディレクターであるマッシモ・メレガリは当初、2017年用のマシンは「革新的」であるため、開発が遅れていることを示唆していた。しかし実際には、昨年モデルと今年用のニューマシンの違いは、思われていたほど重要ではないとみられる。エンジンなどを除けば、ベースは同じであるとメレガリは言うのだ。

「深刻なトラブルをライダーが訴えない限りは、ヤマハのバイクの哲学を変えることなく、ファクトリー側で多くの改良を加えることになる」とメレガリは語った。

「2017年用マシンのベースは2016年と同じだ。そこに異なるシャシー、異なるスイングアーム、別のエンジン、異なるサスペンションが搭載される。しかし、2016年のバイクの哲学をないがしろにする訳ではない」

「シーズン後のバレンシアでは、いくつか新しい要素がテストされた。しかしそれは最終的な2017年のバイクではないし、最初にセパンで公開したものでもない」

「バレンシアやセパンで集めた2016年の全てのデータに基づいて、2017年プロトタイプを作成した」

「残りのプレシーズンテストで、バイクが今以上に変更されることはないだろう」

【関連ニュース】

【MotoGP】ドゥカティ「2017年開幕戦へのプレッシャーはない」

【MotoGP】スズキ、2017年は優勝争いの常連になることが目標

【MotoGP】ロッシは16年シーズンにリラックスして臨めなかった!?

【MotoGP】ロレンソ「ドゥカティでも自分のスタイルは変えない」

【MotoGP】ロッシ、ビニャーレスに手を焼く予感。「ロレンソと同じくらい手強い」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー マーベリック ビニャーレス , バレンティーノ ロッシ
チーム Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース