【motoGP】ヤマハ、MotoGP2017シーズンの体制発表

ヤマハはスポンサーのモビスターの本拠地であるマドリードでMotoGP2017シーズンの体制発表を行った。【プレスリリース】

 Movistar Yamaha MotoGPは2017年1月19日、スペインのマドリードにあるTelefónica本社で世界中のレース・ファンに向けて、2017シーズンの新しいチーム・カラーを発表しました。

 ヤマハのエンジニアたちはオフシーズンを通じてマシン開発に取り組んできました。1月30日から始まるセパンテストでは、バレンティーノ・ロッシとマーベリック・ビニャーレスがマシンのさらなるチューンアップを進め、チーム一丸となって、MotoGP世界選手権のチャンピオン奪還を目指します。

 世界選手権で9回のタイトルを獲得するロッシは、2014~2016年の3シーズンにわたりランキング2位となっており、今年こそは10回目となる世界の頂点を狙います。

 昨年は開幕戦から大活躍。そして第2戦のアルゼンチンGPで、初の表彰台を獲得。ときに外的要因に阻まれたこともありましたが、決して攻撃の手を緩めることはなく、第4戦スペインと第6戦カタルニアでの優勝を含めて合計10回の表彰台を獲得し、2016シーズンの終盤までチャンピオンの有力候補であり続けました。そして、ロッシとそのチームメイトのコンスタントな活躍が、ヤマハに通算7回目となるMotoGPのチーム・タイトルをもたらしたのです。

 そしてMovistar Yamaha MotoGPのニュー・フェイスが、スペインの若き才能、ビニャーレスです。ビニャーレスは最高峰クラスを2年間経験したのちにヤマハ・ファクトリーに加入。昨シーズンは第12戦イギリスGPで見事、優勝を飾ったほか、フランス、日本、オーストラリアで3位表彰台を獲得してランキング4位の好成績を残しています。そしてシーズン終了後にはバレンシア・テストで初めてヤマハ「YZR-M1」に乗り、2日間ともにトップタイムをマークする快挙を達成しました。

2017ヤマハ「YZR-M1」ニューカラーリングをお披露目

 Movistarの新しいロゴのほかに、「Blue Core(“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”を両立するヤマハの新世代エンジン)」のロゴが、新たなデザインとして加えられ、より深みを増したヤマハ・ブルーとともにシックに仕上がりました。

 またMovistar Yamaha MotoGPの新しいロゴが発表されました。Movistarの「M」がより際立つものとなっており、2017年型「YZR-M1」のカラーリングにも反映されています。フェアリングの両サイドおよびマシンのフロント部分に、この新しいMovistarのロゴがデザインされています。

 なお、Movistar Yamaha MotoGPの2017シーズンのスポンサーは、OAKLEYが新たに加わり、下記スポンサーとの契約を継続します。

Movistar (Title Sponsor) /JX Nippon Oil & Energy Corporation (ENEOS) /Monster Energy Corporation /PT.Yamaha Indonesia Motor Manufacturer (Semakin di Depan)/Yamaha Motor Vietnam/Yamaha Motor/Philippines/Yamalube/Abarth/Akrapovič/Descente/Alpinestars/Gilles Tooling/Racing Boy/Cromax/Exedy/Magneti Marelli/D.I.D./NGK Spark Plugs/BMC Air Filters/2D/Beta Tools/Yamaha Corporation (Yamaha Music)

 最後に、チームはヤマハのbLU cRUプログラムへのサポートをします。bLU cRUプログラムは、青い車体で、レースを楽しむ、レースを愛する、若いライダーたちの才能を伸ばすため、その機会とモチベーションを安全性と専門的な環境とともに提供するものです。ロッシとビニャーレスは、このアンバサダーを務め、エントリークラスのライダーたちの手本としての役割を担います。

リン・ジャービス(ヤマハ・モーター・レーシング、マネージングダイレクター):
「この3年間、我々チームは常に高い競争力をアピールし、Movistarとのパートナーシップを通じてコースの内外で大きな成果をおさめてきました。Movistarとヤマハはいずれも、MotoGP世界選手権で長い歴史を持つブランドであり、両者のコラボレーションが年を追うごとに、より強力なものへと成長していることを誇りに思っています。それゆえ、2017年型YZR-M1をお披露目するにあたり、Movistarの本拠地、マドリードのDistrito Telefónicaほど適した場所はないと考えます。新型マシンのフェアリングには、より鮮明なライン、より深いブルー、そして非常に強いMovistarのブランド性がデザインされました。また、同時に発表されたMovistar Yamaha MotoGPのロゴも、両社のパートナーシップを象徴するものとなっています」

「我々は今日、2017シーズンを正式にスタートし、新しいライダーとともに次の段階へと進み始めます。それは新たな始まりです。だからこそMovistarのスローガンである“We Choose to Make History”は、この場に最もふさわしく、我々がその信念に沿って努力していくべきものなのです」

「新たに迎えたマーベリック・ビニャーレスは、MotoGP初タイトルを狙っています。そしてバレンティーノ・ロッシもまた、10回目のチャンピオン獲得を視野に見据えているのです。ふたりとも、それぞれの目標に向かって貪欲に勝利を目指し、そのなかで多くの見ごたえあるトップ・バトルを展開することになるでしょう。彼らの熱意、そしてエンジニアやチーム・スタッフの献身があれば、今シーズンもまた、非常に競争力の高いチームとしてエキサイティングなシーズンを送ることができると確信しています」

V・ロッシ選手:
「冬休みが終わって、チームが新しいシーズンのスタートを発表するのは非常にエキサイティングなことです。ライダーやチームだけでなく、ファンのみんなもいつも楽しみにしてくれています。僕自身も新しいシーズンのスタートが、本当にうれしい。マシンが恋しくて仕方ありませんでした!」

「セパンで行われるテストはとても楽しみです。きっといいアイディアが浮かぶと思いますし、なにより2017年の新しいカラーリングのマシンを初めてコースに連れ出すことができるのですから。今年も、競争力を高めて毎回、優勝を目指して戦っていきます。今年は新しく、非常に強力なチームメイトを迎え、一緒にたくさんの楽しい経験ができると信じています」

M・ビニャーレス選手:
「バレンシアとマレーシアでテストを終え、マシンを降りたあとの気分は最高でした。Movistar Yamaha MotoGPは100%のレベルにあり、自分が希望していたレベルにあると感じられました。すぐにでも上位で戦えるとわかったので、チームの全員が開幕を待ちきれないほど楽しみにしています」

「今日、とても美しいニュー・マシンを見て、今すぐ乗りたいと思いました。子どものころ、M1に乗るバレンティーノをテレビで観ていましたが、今は僕がチームの一員としてここにいます。まさに夢が現実になりました! とてもうれしいです。これからは全力で挑みます」

「ヤマハ、Movistar、そしてもちろん、チームに心から感謝しています。彼らが温かく迎えてくれたおかげで、素晴らしいシーズンのスタートを迎えることができました。まるで家族のような感覚に、正直なところとてもびっくりしています。外から見たら非常に厳しいプロフェッショナルなチームですが、中に入ってみると信じられないくらいに居心地がいいんです。僕らをサポートしてくれるみんなに感謝しています。今年はいい年になりそうです!」

【ヤマハ発動機】

【関連ニュース】

ヤマハ「2017年マシンは昨年型がベース。設計は固まった」

ロッシは16年シーズンにリラックスして臨めなかった!?

ロッシ、ビニャーレスに手を焼く予感。「ロレンソと同じくらい手強い」

ロレンソ「移籍する今なら、ロッシとの関係を改善できる」

太鼓判を押すロレンソ「ビニャーレスはマルケスに似てる」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
チーム Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース