【MotoGP】ロッシ、へレスの不振でフランスGPへの期待は”不確実”

ロッシは、へレスでの失望が彼に”動揺”の心を植え付けたため、今週末のフランスGPに何を期待できるのか「分からない」と語る。

 ヤマハは昨年まで、ヘレスで2年連続の1-2フィニッシュを成し遂げてきた。そして今年も欧州ラウンド初戦となるへレスが、同様のレースとなることが期待されていた。しかしその期待に反し、今年のへレスでのヤマハは大苦戦。マーベリック・ビニャーレスは優勝したダニ・ペドロサ(レプソル・ホンダ)から24.556秒遅れの6位、バレンティーノ・ロッシはさらに悪く、38.682秒遅れた10位に終わった。

 ロッシはランキング上では首位を維持しているものの、今週末のフランスGPで状況が好転する可能性は少ないと考えている。

「へレスでの週末は、僕とチーム全員にとってとても動揺させるような出来事だった」

 そうロッシは言う。

「今季最初の3レースと、昨年(のへレスでの結果)を考えれば、そうなることは考えていなかった」

「残念ながら、僕らはホンダのふたりに対して、アドバンテージを少し失ってしまった。しかし、僕はポイントではまだトップにいる。これはポジティブなことだ」

「確かに、僕らにはやらなきゃいけないことがたくさんあるし、何が起きたのか理解する必要がある。へレスでは、すべての条件で苦労したんだ」

「タイヤと、マシンと、路面の関係は、常にとても悪かった。そういう理由から、今週末がどうなるのか、想像もできない」

「これまではここ(ル・マン)では、マシンはとても良い感じだった。でも、今年は良い感触が得られるかどうか、やってみないと分からない」

「天候は非常に悪く、とても寒くて雨も降るらしい。そういうコンディションでの重要なテストにはなると思う」

 ロッシとビニャーレスは、へレスでのスペインGPに挑む前の週に、ここル・マンでテストした。ル・マンは今年の始め、路面を舗装し直している。彼らはウエットでの走り始めは苦労したものの、その路面については高評価を下している。

「その日は素晴らしいコンディションではなかった。とても寒く、午前中はウエットだったのが、午後には乾いたんだ」

 そうロッシは付け加えた。

「でも、彼ら(サーキット)は非常にいい仕事をしたと思う。アスファルトは実に素晴らしい」

「バンプはほとんどないし、グリップも良い。みんなにとって、ポジティブなことだと思う」

【関連ニュース】

交通事故のヘイデン「脳に深刻なダメージ」と病院が発表。ロッシもコメント

ロレンソ「リヤブレーキをいかに使うかが”復活”への鍵」

F1とMotoGPの日程衝突を回避へ、F1のロス・ブラウンがドルナと会談

ロッシ「ジュニアチームのMotoGP参戦の予定は"まだ"ない」

ホンダ勢の復活を警戒するロッシ「ペドロサは強敵になる」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 フランスGP
サーキット ル・マン-ブガッティ・サーキット
ドライバー バレンティーノ ロッシ
チーム Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース