【MotoGP】ロッシ「バイクは悪くないがコーナーで攻められない」

テスト初日を7番手で終えたロッシは、バイクは悪くないものの、まだ昨年のような速さはないと語った。また、逝去したサーティースを偲んだ

 最後のプレシーズンテストの初日を7番手で終えたヤマハのバレンティーノ・ロッシは、昨年のようにコーナーを攻めることができておらず、やるべきことは多いと話した。

 ロッシは、プレシーズンテストでチームメイトのマーベリック・ビニャーレスの後塵を拝しており、セパンでは6番手、フィリップアイランドでは12番手だった。なお昨年までロッシのチームメイトだったホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)は、両方のテストでトップタイムをマークしていた。

 ロッシは、フィリップアイランドでのテストはセパンよりも苦労したと話し、カタールで行われる最終テストには慎重に臨むと語っていた。

 そのテスト初日を7番手で終えたロッシは、昨年ほどコーナーの入り口で攻められていないと感じたという。

「バイクはそれほど悪くない」

「でも正しいフィーリングを見つける必要がある。特に(コーナーの)入り口でだ。まだそれほど速さがあるわけではないし、やらなければいけないことがある」

「昨年のような強さはない。もっと良いバランスを見つけないといけない。フロントタイヤではプッシュできるほどの十分なフィーリングも感じられていないし、今はまだ100%の状態ではない」

 一方チームメイトのビニャーレスは、初日に2番手タイムを記録し好スタートを切っている。

 これまでバレンシア、セパン、フィリップアイランドで行われたテストでも、ビニャーレスは好タイムを記録しており、今シーズンのバイク『M1』の強さを示してきた。

「最初のラップから、このバイクの感触は良かった。速さもあったし、これは良いことだ」

「ここまで(カタールを含めて)4つのトラックで走ってきたけど、どこでも感触は良かった。これは僕がこのバイクに適応できているという証拠だし、もっともっと改善できるということでもある」

「レースペースも良いし、最初のラップと最後のラップでタイヤの状態があまり変わらない。とてもハッピーだし、走るたびに良くなっていってとても驚いている」

サーティースとの共通点を持つロッシ

 10日、2輪と4輪の両方でタイトルを獲得しているただひとりの人物であった、ジョン・サーティースが83歳で亡くなった。

 サーティースは、1956年から1960年の間にバイクの世界GPで4度のタイトルを獲得し、その後F1に転向。1964年にフェラーリでF1のタイトルを獲得した。

 ロッシは、10年前にフェラーリでF1マシンをテストしており、2輪と4輪のマシンをドライブするというサーティースとの共通点を持っているが、ロッシはMotoGPに参戦し続けることを選択している。

「彼はF1と(世界GPの)500ccでチャンピオンになっている唯一の人物だし、とても悲しいことだ。彼の成し遂げたことは歴史的なことだ」

「彼の家族をとても気の毒に思う。僕は3回か4回彼に会ったことがあるし、とてもラッキーだった。彼は今でも良い思い出だ」

Additional reporting by Oriol Puigdemont

【関連ニュース】

二輪と四輪で世界王者になったサーティース亡くなる。享年83

【F1, MotoGP】バレンティーノ・ロッシがF1参戦に近付いた時

【F1ギャラリー】バレンティーノ・ロッシのフェラーリテストラン

【MotoGP】ドゥカティ、カタールテストに新フェアリング持ち込みか

【MotoGP】ロレンソ「ビニャーレスは将来確実にチャンピオン獲る」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー マーベリック ビニャーレス , バレンティーノ ロッシ
チーム Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース