【MotoGP】ロレンソ「ドライなら良いはず」と土曜以降に自信

ドゥカティのホルヘ・ロレンソはフランスGPのFP1で16番手、FP2で15番手だったものの、ドライのセッティングには自信を見せる。

 昨シーズンはウエットコンディションで非常に苦労したホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)は、ドライとウエットが混在するフリー走行1回目(FP1)は16番手だったものの、FP2はこれを更新して15番手につけた。ただ、ドゥカティ勢はトップ6中4台を占めるという活躍ぶりだったことを考えれば、大きな差があるということを感じさせる。

 ただロレンソは、FP1の順位自体は振るわなかったものの、バイクの感触については「信じられないほど良い」と評価していた。一方、FP2になるとその評価は一変。リヤの安定感が不足したため、「不快なセッションだった」と語った。

「全く逆の感触だった」

 そうロレンソは語った。

「午前中は、これまでの雨の中よりかなり良くなったように感じた。半々くらいの濡れ方だったけと、結構乾いていて、濡れているところは少なかった。バイクに乗っていると、信じられないくらい良いと感じたんだ」

「僕らはセッティングを変えずにFP2に挑むことに決めた。しかし、路面上の水が増えてくると、リヤのグリップを必要としたし、ブレーキとスロットルの感触をより良くするため、リヤの荷重が必要になった」

「安全だとは思えなかった。リヤのグリップを感じられないんだ。だから僕は遅かった。タイヤをウォームアップするのに、多くの周回が必要だったんだ」

「もしこういうことが明日再び起きたら、僕らは完全にセッティングを変えるだろう」

 今週末のル・マンには、もう雨が降らないと予想されている。ロレンソはFP1の感触を考えれば、フランスGPに期待を寄せることができるだろうと語る。

「僕らのセッティングは、水の量が少ないコンディションなら、良いと思う」

 そうロレンソは語った。

「その時の水の量でのラップタイムは、ドライの時ととても近かった。つまり、明日晴れれば、このバイクはとても良いということを意味する」

【関連ニュース】

【MotoGP】ロレンソ「リヤブレーキをいかに使うかが”復活”への鍵」

【MotoGP】フランスGP初日:ル・マンに嵐。FP2はドヴィツィオーゾ首位

【MotoGP】ロッシ、へレスの不振でフランスGPへの期待は”不確実”

【F1】MotoGPとの日程衝突回避へ、ロス・ブラウンがドルナと会談

交通事故で治療中のヘイデン。「脳に深刻なダメージ」と病院が発表

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 フランスGP
サーキット ル・マン-ブガッティ・サーキット
ドライバー ホルヘ ロレンソ
チーム Ducati Team , Repsol Honda Team
記事タイプ 速報ニュース