MotoGP
R
スペインGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
41 days
R
フランスGP
14 5月
-
17 5月
次のセッションまで……
55 days
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
次のセッションまで……
69 days
R
カタルニアGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
76 days
18 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
90 days
R
オランダGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
97 days
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
111 days
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
139 days
R
オーストリアGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
146 days
R
イギリスGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
160 days
R
サンマリノGP
10 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
174 days
R
アラゴンGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
189 days
02 10月
-
04 10月
次のセッションまで……
196 days
15 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
209 days
R
オーストリアGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
217 days
R
マレーシアGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
223 days
R
アメリカズGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
238 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
-
22 11月
次のセッションまで……
245 days
R
バレンシアGP
27 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
252 days

【MotoGP】中上貴晶、来季最高峰クラス昇格か? LCR入りの噂

シェア
コメント
【MotoGP】中上貴晶、来季最高峰クラス昇格か? LCR入りの噂
執筆:
2017/05/09 23:50

LCRホンダのルーチョ・チェッキネッロ代表は、中上貴晶とフランコ・モルビデリが、2018年の2人目のライダー候補だと語る。

Podium; second place Thomas Luthi, CarXpert Interwetten; Race winner Franco Morbidelli, Marc VDS; third placeTakaaki Nakagami, Idemitsu Honda Team Asia
Takaaki Nakagami, Honda Team Asia
Takaaki Nakagami, Idemitsu Honda Team Asia
Takaaki Nakagami, Idemitsu Honda Team Asia
Takaaki Nakagami, Idemitsu Honda Team Asia,
Takaaki Nakagami, Idemitsu Honda Team Asia
Cal Crutchlow, Team LCR Honda
Cal Crutchlow, Team LCR Honda
Franco Morbidelli, Marc VDS
Franco Morbidelli, Marc VDS

 LCRホンダは、2006年にケーシー・ストーナーを擁してMotoGPの最高峰クラスにデビューして以来、そのほとんどで1台のみのバイクを走らせてきた。しかし2015年には、ジャック・ミラー+カル・クラッチローという2台体制で臨んだ。

 MotoGP最高峰クラスの24番目のグリッドは、LCRのために確保されており、同チームの代表であるルーチョ・チェッキネッロは、2018年に2台目のバイクを走らせようと、その資金確保に勤しんでいる。

 スペインGPの週末、中上貴晶(IDEMITSU Honda Team Asia)が今季Moto2クラスで3位以内に入れば、2018年のLCRホンダのライダー最有力候補に浮上することがわかった。

 4戦を終えたところで中上はランキング6位。ポイントリーダーは現在フランコ・モルビデリで、そのモルビデリもLCR入りする候補のひとりになっているという。モルビデリはLCRのほか、マルクVDSやプラマック・ドゥカティに加入する可能性も示唆されている。

「すべてのMotoGPチームは、Moto2から来る競争力の高いライダーに興味を持っている」

 そうチェッキネッロは語った。

「モルビデリもそのうちのひとりだ。モルビデリは、いくつかのチームに加入する可能性を持っている」

「我々はスポンサーを探しているし、ライダーも探している。中上は、可能性のあるライダーのひとりだ。しかし何も決まっていないし、本当に何も進んでいない」

 中上は今年、Moto2クラスで6シーズン目を迎えている。彼はこれまで12回の表彰台登壇を果たし、昨年のアッセンでは初優勝を果たしている。

 日本人のフルタイムMotoGPライダーは、2014年の青山博一以降登場しておらず、ホンダは2018年に、日本人ライダーを最高峰クラスにデビューさせることを強く希望しているようだ。

 LCRホンダは、クラッチローの手により昨年2勝を挙げた。彼は今季でLCR在籍3年目だが、今年限りで契約期間が満了することになっている。

「チームメイトが加わるという噂があるみたいだけど、僕は知らない」

 そうクラッチローは語る。

「僕はまだ契約を交わしていない。だから現時点では、来年の僕は誰とでも戦うことができるんだ」

「僕は現時点では、LCRにいるかどうかも分からない。もし中上について尋ねているんなら、確かにその噂は聞いたことがあるよ。でも、それは僕とは関係ない」

【関連ニュース】

【Moto2】不運な転倒に見舞われた中上貴晶「むなしさに言葉がない」

【Moto2】へレス決勝:”弟”マルケスMoto2初優勝。中上不運の転倒

【Moto2】中上貴晶今季2度目の表彰台「モルビデリの独走を止めたい」

【鈴鹿8耐】中上貴晶の参戦が決定「最高の形で鈴鹿に乗り込みたい」

【Moto2】中上貴晶「最低限の仕事はできた。来年こそチャンピオンを」

次の記事
【MotoGP】2位のマルケス「ペドロサの走りに"恐怖"を覚えた」

前の記事

【MotoGP】2位のマルケス「ペドロサの走りに"恐怖"を覚えた」

次の記事

【MotoGP】ヤマハ、新シャシーをテストもライダーの評価は真っ二つ

【MotoGP】ヤマハ、新シャシーをテストもライダーの評価は真っ二つ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー フランコ モルビデリ , 中上 貴晶
チーム Team LCR
執筆者 Mitchell Adam