【MotoGP】岡田忠之「中上には大排気量バイクが合う。期待できる」

中上貴晶の現在の所属チームの監督であり、世界ロードレース選手権最高峰クラス勝者でもある岡田忠之に、中上への期待を訊いた。

 ツインリンクもてぎで行われていた2&4レースで、中上貴晶の来季MotoGP最高峰クラスへの昇格が発表された。

 この日の2&4レースは、ツインリンクもてぎの20thアニバーサリーデーとしての側面も持っており、タイムトラベルレースなど”ツインリンクもてぎ”の歴史を振り返る様々なイベントが開催されていた。

 生憎の天候だったため、予定されていたデモ走行は実現しなかったものの、ロードレース世界選手権(現MotoGP)最高峰クラスで日本人最多勝記録を保持する岡田忠之も来場していた。岡田は、中上が今年所属するMoto2チーム”IDEMITSU Honda Team Asia”の監督も務める。

 中上のMotoGP最高峰クラス昇格について岡田は、「嬉しいですね」と語った。

「日本人で久々に最高峰クラスに選ばれたライダーですから。今年の鈴鹿8耐でも、表彰台には登れませんでしたが、十分にパフォーマンスを見せられたと思います」

 中上には大排気量のバイクが合っているはずだと、岡田は語る。

「Moto2よりも、排気量が大きいバイクの方が、彼のライディングスタイルに向いています。ですから、(MotoGPでの活躍が)非常に期待できると思いますよ」

「彼は強いですからね。精神的に強いところがあります。MotoGPに行っても通用すると思います」

 中上がMoto2クラスで挙げた勝利は、昨年のオランダでの1勝のみ。MotoGP昇格までに、勝利をできるだけ積み重ねて欲しいと、岡田は期待する。

「まだ去年の1勝しかありませんからね。今回の発表で、良い形で吹っ切れたと思います。気持ち良く2勝目、3勝目を挙げて、残り全部勝つくらいの気持ちで、頑張って欲しいと思います」

【関連ニュース】

9/28発売公式ゲーム『MotoGP 17』でバイク操る”楽しさ”体感

中上貴晶のMotoGP最高峰クラス昇格が発表。LCRホンダに加入

中上貴晶、昨年末のへレス非公開テストがMotoGP昇格の”鍵”だった

MotoGP最高峰クラス挑戦の中上貴晶「世界の頂点で戦うことを目標としてきた」

ツインリンクもてぎ、MotoGP日本GP開催契約を2023年まで締結

【MotoGPコラム】選手育成に取り組む、青山博一の”指導者”としての顔

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 中上貴晶、MotoGP昇格決定会見
サーキット ツインリンクもてぎ
ドライバー 中上 貴晶
記事タイプ 速報ニュース