【MotoGP】日本GP観戦券6/3発売。今年はV字コーナー指定席新設

10月13日〜15日にかけて開催されるMotoGP第15戦日本グランプリの観戦券が、いよいよ今週末の6月3日から発売される。

 今季も激しいレースが展開されているMotoGP。10月13日(金)〜15日(日)には、ツインリンクもてぎで『第15戦日本グランプリ』が開催される。この前売り観戦券が、イタリアGP開催期間中の6月3日(土)より販売開始される。

 今年の日本グランプリでは、新たにV字コーナーに指定席が設けられることになっている。この『V字コーナー席』は、座席を指定できるようになった(15日のみ。13〜14日は自由席扱い)ことで利便性が向上するほか、飲食店のブースが並ぶ『V字コーナーオアシス』が新設。快適なMotoGP観戦をサポートしてくれるという。また、大型ビジョンも設置されることが決まり、レースの行方をしっかりと追うこともできる。

 周辺にはキャンプステイ駐車場やオーバーナイトスクエアなどといったキャンプエリアが近く、場内で3日間過ごすファンにとっても最適な観戦席。さらに間近にはR1指定駐車場があり、これとセットで購入することで、観戦の利便性が増すことは必至だ。

 V字コーナー席の料金は、VC-1ブロックが15000円、VC-2ブロックが14000円(いずれも大人料金/3日分のパスポート付き)となっており、各種プレイガイドやコンビニエンスストア、モビリティスクエアなどで購入することができる。なおR1指定駐車場は4200円ながら限定数は80枚。売り切れ必至と思われるのでお早めに。こちらに関してはモビリティステーションのみでの発売となる。

 詳しくはツインリンクもてぎのホームページ(http://www.twinring.jp/motogp/)まで。

【関連ニュース】

ニッキー・ヘイデン追悼展示 Hondaウエルカムプラザで開催中

優勝のビニャーレス「ロッシ転倒なくともチャンスはあった」

マルケス「リタイアの前からバイクは少し不安定だった」

ル・マン最終周で転倒のロッシ「勝利は目の前にあったのに…」

母国で初表彰台のザルコ「僕は多くを学び、楽しんでいる」

MotoGPフランス決勝:最終周ロッシが転倒。ビニャーレス優勝

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 日本GP
サーキット ツインリンクもてぎ
記事タイプ 速報ニュース