【MotoGP】結果に大満足のビニャーレスと、方向性を間違ったロッシ

ヤマハのロッシは、公式テスト2日目の午後にセッティングの方向性を間違ったことが、チームメイトのビニャーレスから遅れた理由だと語った。

 ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、セッティングの方向性を間違ったことが理由で、チームメイトのマーベリック・ビニャーレスに遅れをとったと語った。

 オーストラリアのフィリップアイランドで行われている公式テスト2日目、ビニャーレスが素晴らしい走りを見せトップタイムを記録した一方で、ロッシは8番手に終わった。

 前日のテスト初日には2番手だったロッシだが、この日の午後はペースを上げることができず、前日のベストタイムをわずかに更新するにとどまった。

 一方で、ビニャーレスは前日から1秒以上タイムを更新し、2日目を気持ち良く終えている。

 ロッシはペース不足が彼のプログラムにも影響してしまったことを認め、チームがテスト最終日に向けてトップに近づけるように”答え”を見つけることを、彼は願っているという。

「僕たちにとって、難しい日だった。特に午後だ」とロッシは語った。

「今朝はそれほど悪くなくて、いくつかのタイヤを試してペースの改善に取り組んだ。それはとても良かったんだ。午後になって、ロングランに関していくつか重要なテストをして、バイクを改善しようとしたんだけど、残念ながらうまくいかなかった。十分な速さがなかったんだ」

「方向性が間違っていたようだ。このインタビューの後にガレージに戻って、明日に向けて理解を深めてみる。改善できることを願っているよ」

バイクの理解を深めたビニャーレス

 トップタイムを記録したビニャーレスは、この日の自分の仕事に満足しているようだが、前日の夜はなかなか寝付けなかったようだ。

「昨日の寝つきは本当に悪かった。昨日はタイヤを機能させられなくて、自分の位置がよくわからなかったから」と彼は語った。

「今朝僕はバイクをプッシュして、1分28秒台が出せた。僕は『OK、昨日は多分良い日じゃなかったんだ』と思った」

「だけどとにかく、今日は僕たちは良い仕事ができた。1分28秒台を出せただけじゃなくて、ひとつのタイヤセットで1分29秒前半から中盤のタイムで多くの周回をこなせたからだ」

「こんな風に仕事を続けていく必要がある。僕たちはリヤのグリップを改善しなければならない。特に10~15周目から、レースの終わりまでくらいの距離でね。僕たちはもう少し作業をする必要がある」

「僕たちは、最近それを改善することに取り組んできた。27周したタイヤで、1分30秒0を記録できたので、僕はとても満足している」

【関連ニュース】

【MotoGP】豪テスト2日目:ビニャーレス唯一の1分28秒台でトップ

【MotoGP】豪テスト初日:マルケスがトップタイム。ロッシが続く

【MotoGP】マルケス、トップ記録も「電子制御にまだ”何か”足りない」

【MotoGP】ビニャーレス「マルケスと戦うためにペースの改善が必要」

【MotoGP】ロッシ「レースペースが良いマルケスは、今年も”本命”」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 フィリップアイランド公式テスト
サーキット フィリップアイランド・グランプリ・サーキット
ドライバー バレンティーノ ロッシ
チーム Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース