MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました

【MotoGP】表彰台を目指していたロッシ「勝てるかもしれないと思った」

バレンティーノ・ロッシは、残り5周という時点でトップを走っていた時、イギリスGPに勝つ事ができるかもしれないと考えていたという。

【MotoGP】表彰台を目指していたロッシ「勝てるかもしれないと思った」
Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing
Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing
Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing
Podium: race winner Andrea Dovizioso, Ducati Team, second place Maverick Viñales, Yamaha Factory Racing, third place Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing
Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing
Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing

 MotoGPのイギリスGP予選で、2番グリッドを獲得したヤマハのバレンティーノ・ロッシ。予選での好結果にもかかわらずロッシは、「決勝では、表彰台を目指して戦うのが精一杯」と語っていた。

 しかしロッシは好スタートを決め一気に先頭に躍り出ると、レースのほとんどをリード。その時彼は、勝利も可能だと考えたという。最終的にはドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾと、チームメイトのマーベリック・ビニャーレスに抜かれ、3位でフィニッシュした。

「僕らは少し心配していた。なぜなら、直前のラップで少し苦労したことを知っていたからだ。しかし正直に言えば、残り5周のところで、僕は勝てるかもしれないと思っていた」

 そうロッシは語った。

「しかし残念なことに、最後の数周で僕はペースダウンしてしまった。僕は苦しんでいた、ドヴィとマーベリックが、僕をオーバーテイクしていったんだ」

「少し苛立たしかったよ。僕はもう、再び戦いを挑むほど強くはなかったからね」

「でも、僕の目標は勝つことだったから、結果には満足している」

 ロッシはレースの最後まで、できる限りプッシュしたと語る。

「僕はできることはすべてやった。2〜3回は、コーナーにたどりついた時、止まれるかどうか分からなかったんだ」

【関連ニュース】

マルケス「エンジンが壊れた時、選手権のことを考えた」

MotoGPイギリス決勝詳報:ドヴィツィオーゾ4勝目で年間首位浮上

中上貴晶「最高峰クラス昇格発表直後だから、絶対に勝つ覚悟で臨んだ」

来季MotoGP昇格決定直後の中上貴晶、快心の走りでMoto2今季初優勝!

9/28発売公式ゲーム『MotoGP 17』でバイク操る”楽しさ”体感

シェア
コメント
【MotoGP】マルケス「エンジンが壊れた時、選手権のことを考えた」

前の記事

【MotoGP】マルケス「エンジンが壊れた時、選手権のことを考えた」

次の記事

【MotoGP】表彰台を逃し悔しがるクラッチロー「タイヤが柔らかすぎた」

【MotoGP】表彰台を逃し悔しがるクラッチロー「タイヤが柔らかすぎた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント イギリスGP
ロケーション シルバーストン
ドライバー バレンティーノ ロッシ
チーム Yamaha Factory Racing
執筆者 Edd Straw