【MotoGP】”雨に強い”クラッチロー「ウエットならレースに出ない」

クラッチローは、もしオーストリアGPの決勝で雨が降った場合は、レースに出場したくないと話した。

 ホンダのカル・クラッチローは、ウエットでもレースに定評のあるライダーのひとりである。しかし彼は安全上の理由から、オーストリアGPの決勝で雨が降った場合は、レースに出場したくないと話した。

 金曜日に行われたMoto2のフリー走行は、最初の10分間は豪雨に見舞われ、レッドブルリンクで最もハードなブレーキングが必要になるターン1とターン3でクラッシュが頻発した。

 最もクラッシュが多かったのはバリアとコースの距離が近いエリアで、多くのライダーたちがこういったコンディションでのライディングに不安を抱えていると説明していた。

 MotoGPの中でもウエットコンディションに強いライダーのひとりであるクラッチローは、もし決勝で雨が降った場合は、レースに出場することに”興味を持てない”だろうと土曜日に話していた。またクラッチローは、バリアをコースからより遠い位置に移動させるべきかどうかと尋ねられた。

「もし雨が降ったら、僕はバイクには乗らない。興味を持てないだろう」

「ここはそこら中にバリアがあるからね。だからこう考えるんだ」

「見たと思うけど、みんなストレートライン上でクラッシュしていた。右に曲がるコーナーなのに、左に行ってしまうんだ。こんなのはばかげている。僕は彼らにバリアを遠ざけろと言ったんだ。ここで雨が降ったら、レースに出ようとは思えない」

 またプラマックのダニーロ・ペトルッチは、レッドブルリンクは今季のカレンダーの中でも最も危険なトラックのひとつであると話しており、テック3 ヤマハのジョナス・フォルガーもその意見に同意していた。

「ドライコンディションであっても、通常以上にフロントタイヤがロックする」とフォルガーは話した。

「F1のラバーからこういうことが起きるんだろう。とても滑りやすくなっている」

「右周りのコーナーのブレーキングポイントが多いけど、バイクを左に向けないといけない。なぜならストレートは蛇行しているし、そこでクラッシュしたらとても危険だからだ」

エスパルガロ、重大事故の可能性を警告

 アプリリアのアレイシ・エスパルガロも、ここで雨が降った場合にバイクに乗ることには”興味を持てない”というクラッチローの意見に同意している。昨年のバルセロナではMoto2ライダーのルイス・サロムがフリー走行中にクラッシュして命を落としたが、エスパルガロはそのようなインシデントが起こる可能性もあると強調した。

 ソーシャルメディア上で、元ブリティッシュ・スーパーバイクのチャンピオンであるジョシュ・ブルックスから数多くの質問を受けたエスパルガロは、「僕はウエットではレースをしたくない」と答えた。

「昨日の安全会議でも、ウエットではバイクに乗りたくないとみんなが話していた。しかしグリーンのライトが点滅したら、みんなスタートするんだ。もちろん、僕が最初にスタートすることはないけど」

「Moto2を見たけど、とても危険な状況だった。僕たちは300km/hの状態からブレーキングに入るけど、300km/hでブレーキをかけたら、バイクは完全にバリアに突っ込んでいくだろう」

「サロムのクラッシュもそうだったけど、例えばバイクがバリアにぶつかってそれが戻ってきたら、そのバイクによってライダーは亡くなってしまうんだ」

Story by Lewis Duncan, additional reporting by Oriol Puigdemont and David Gruz

【関連ニュース】

MotoGP オーストリア予選:PPマルケス、2-3番手はドゥカティ勢

クラッチロー、ドゥカティの”創造的”フェアリングに脱帽

マルケス、加速の”弱点”を克服「この速さを誇りに思う」

ロッシ、予選2セット目のタイヤは外れ? 決勝には自信

ロッシ「今季もオーストリアで強力なのはドゥカティ勢」

 

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 オーストリアGP
サーキット レッドブルリンク
ドライバー アレイシ エスパルガロ , カル クラッチロー
記事タイプ 速報ニュース