MotoGP
23 8月
-
25 8月
イベントは終了しました
13 9月
-
15 9月
イベントは終了しました
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
11 days
R
第18戦マレーシアGP
01 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
18 days
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
32 days

中上貴晶、粘りの10位フィニッシュも「課題の残るレース」に

シェア
コメント
中上貴晶、粘りの10位フィニッシュも「課題の残るレース」に
2019/09/23 3:51

MotoGPアラゴンGPで中上貴晶は10位フィニッシュとなったが、彼は課題の残る内容だったと考えているようだ。

 ヨーロッパラウンドの締めくくりとなるMotoGP第14戦アラゴンGP。LCRホンダの中上貴晶は、後方から追い上げのレースを展開し、10位入賞を果たした。

 中上はアラゴンGP初日から苦戦が続いており、予選ではQ1落ちを喫してしまっていた。

 14番グリッドからスタートした中上だが、序盤こそペースに苦しみはしたものの、レース終盤に10番手集団に追いつくと、一気に順位を上げ、トップ10でフィニッシュを果たした。

「なんとかトップ10フィニッシュという目標を達成することができましたが、想定していた1分49秒台の走りができず、課題を残すレースとなりました」

 中上はチームのリリースにそうコメントを寄せた。また初日からグリップの不足があると話していた中上だが、決勝でもそこは大きく改善できなかったと明かしている。

「今日はフロントにミディアム、リヤにソフトをチョイスしました。タイヤ選択はよかったと思いますが、グリップの改善という点では大きなステップを刻めませんでした」

「次のタイGPは、路面も気候もガラリと変わるので、しっかり準備しなければなりません。今日は朝のウォームアップがウエットとなり、セッティングの変更を確認できなかったことが決勝に影響しました」

 次戦タイGPを終えると、いよいよ中上にとってのホームレースである日本GP。中上はそこに向けて勢いをつけるためにも、タイでいいレースがしたいと語った。

「いくつも課題を残すレースとなりました。しかし、イギリス、サンマリノと転倒ノーポイントに終わっていたので、その点では、次につながるレースができたと思います。日本GPに弾みをつけるという意味でも、次のタイGPでは、今季ベストを目指し、いいレースをしたいです」

Read Also:

次の記事
予測不可能な“ペースの悪化”……ロッシ、理由分からず困惑

前の記事

予測不可能な“ペースの悪化”……ロッシ、理由分からず困惑

次の記事

「表彰台に登る感覚は最高」キャリア初表彰台の小椋藍、目標達成に喜び

「表彰台に登る感覚は最高」キャリア初表彰台の小椋藍、目標達成に喜び
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第14戦アラゴンGP