MotoGP
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

MotoGPオーストラリアFP2:ビニャーレス、初日制圧。ドヴィツィオーゾが2番手で追う

シェア
コメント
MotoGPオーストラリアFP2:ビニャーレス、初日制圧。ドヴィツィオーゾが2番手で追う
執筆:
2019/10/25 5:29

FP1から一転、ドライコンディションでMotoGP第17戦オーストラリアGPのFP2が行われ、マーベリック・ビニャーレスがトップタイムをマークした。

 MotoGP第17戦オーストラリアGPのフリー走行2回目が行われた。トップタイムはヤマハのマーベリック・ビニャーレスだ。

 FP1はウエットコンディションでの走行だったが、その後雨は止み、上空は青空に包まれた。コースも乾いたことでFP2はドライコンディションで始まった。

 なおFP1終盤にハイサイドを喫したファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)は、重傷は負っていないものの、FP2出走はキャンセルとなっている。

 各ライダーは序盤から精力的に走行。まずはマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が1分30秒332をマークしてトップに立つと、マーベリック・ビニャーレス、カル・クラッチロー(LCRホンダ)、ダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティ)らが続いた。

 その後ビニャーレスは1分30秒110までタイムを伸ばし、トップに浮上。さらに走行を続け、1分29秒916とした。

 セッションは15分を消化し中盤に。ピットへ戻っていたライダーたちが再びコースに戻ると、タイムが次々と更新されていった。

 まずペトルッチが1分29秒910をマークしてトップに立つが、直後にマルケスが1分29秒718でそれを上回っていった。また、4〜5番手にはスズキのアレックス・リンスとジョアン・ミルがつけた。なおリンスは走行中にフランチェスコ・バニャイヤ(プラマック)と接触しそうになるシーンも見られた。

 セッション残り17分頃、ビニャーレスが1分29秒195と大きくタイムアップし、マルケスを抑えてトップとなった。そして残り時間が10分を切ると、アタックに入るライダーが増え始めた。

 セッションを通して上位に顔を出してこなかったアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)は、ここでようやくタイムを改善し5番手に入った。ただクラッチローやバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)といった面々もタイムを上げてきたことで、7番手にまでポジションを落とした。

 残り5分、ジャック・ミラー(プラマック)が1分29秒609で2番手に浮上。だが直後にペトルッチがそれを上回る1分29秒327を記録した。残り1分となると、ビニャーレスが1分28秒824と更にタイムを縮めた。

 一方、ラストアタックではドヴィツィオーゾが速さを見せ、1分29秒320で2番手に浮上。マルケスもアタックに入ると、チームメイトのホルヘ・ロレンソに接触スレスレになりながらも1分29秒421をマークして6番手につけた。なおマルケスはライン上を遅く走行していたロレンソに対し、怒りのジェスチャーを見せた。

 それ以上のタイム更新はなく、ビニャーレスが唯一1分28秒台を記録し、トップでセッションを終えた。2番手はドヴィツィオーゾ、3番手にはクラッチローが続いた。

 中上貴晶(LCRホンダ)の代役であるヨハン・ザルコは、最終的に15番手タイムでFP2を終えている。

【リザルト】MotoGP第17戦オーストラリアGP フリー走行2回目

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Spain マーベリック ビニャーレス 25 01'28.824     180.275
2 Italy アンドレア ドヴィツィオーゾ 22 01'29.320 00.496 00.496 179.274
3 United Kingdom カル クラッチロー 22 01'29.325 00.501 00.005 179.264
4 Italy ダニーロ ペトルッチ 20 01'29.327 00.503 00.002 179.260
5 Australia ジャック ミラー 20 01'29.344 00.520 00.017 179.226
6 Spain マルク マルケス 19 01'29.421 00.597 00.077 179.072
次の記事
ファビオ・クアルタラロ、オーストラリアGPのFP1でハイサイド喫し、FP2欠場へ

前の記事

ファビオ・クアルタラロ、オーストラリアGPのFP1でハイサイド喫し、FP2欠場へ

次の記事

「怪我がないのはラッキーだった」クアルタラロ、不慣れなウエットがクラッシュ原因か

「怪我がないのはラッキーだった」クアルタラロ、不慣れなウエットがクラッシュ原因か
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第17戦オーストラリアGP
執筆者 永安陽介