MotoGP
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .

MotoGPオーストラリアFP3:ビニャーレス首位。“風と雨”に翻弄されるセッションに

シェア
コメント
MotoGPオーストラリアFP3:ビニャーレス首位。“風と雨”に翻弄されるセッションに
執筆:
2019/10/26 1:12

MotoGPオーストラリアGPのフリー走行3回目が行われた。強風が吹き付ける中、トップタイムを記録したのは、マーベリック・ビニャーレスだった。

 MotoGP第17戦オーストラリアGPのフリー走行3回目が行われ、ヤマハのマーベリック・ビニャーレスがトップタイムをマークした。

 気温12度、路面温度14度というコンディションで始まったFP3。加えて強い風も吹きつけており、厳しいコンディションと言えよう。そして開始から5分も立たないうちに出鼻を挫く赤旗が発生。ホームストレートにピットボードが落ちてしまったためだ。

 またピットロードに入ろうとしたジョアン・ミル(スズキ)が転倒。序盤から慌ただしいセッションとなった。

 中断は数分のみでセッションは再開。マシン習熟を進めたいであろう代役参戦のヨハン・ザルコ(LCRホンダ)が一番にコースへと戻っていった。

 ザルコやポル・エスパルガロ(KTM)、ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)といったライダーがコースに向かったものの、今度は小雨が落ち始めてしまった。彼らも早々とピットへ戻り、コース上に出ているライダーは0人と閑散とした状況となった。

 セッションは30分を切り、半分が経過しようとする頃になっても、コース上は閑古鳥。難コンディションを前に多くのライダーが走行を取り止め、ピット内で様子をみる展開だ。

 残り20分を目前にすると、ポル・エスパルガロが再びコースイン。しかし1周をこなすだけでピットへと戻った。

 次はミルが残り16分頃にコースへと入るも、ゆったりとした走りで周回。アタックに入る気配は見受けられなかった。

 その後ザルコやKTM勢、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)といった面々がコースインしていき、セッションの残り時間は約10分という場面を迎えた。

 マルケスが1分32秒187をマークし一時トップに立ったが、初日のタイムからは3秒近く遅い。

 その他のライダーもセッション残り10分を切った頃からコースへ戻り始め、上空からも日差しが注ぎだした。ただ相変わらず強い風が吹いていた。

 マルケスはその後1分31秒577までタイムを縮めるとコースを後にし、このセッションの走行を終えた。

 コース上では最後のアタックでマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)が1分31秒388を記録してトップに浮上。その他大きなタイムの更新はなく、FP3トップタイムはビニャーレスとなった。

 2番手にはマルケス、3番手にはポルが並んだ。なお11名のライダーはタイムすら記録せずにこのセッションを終えている。

【リザルト】MotoGP第17戦オーストラリアGP フリー走行3回目

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Spain マーベリック ビニャーレス 7 01'31.338     175.313
2 Spain マルク マルケス 7 01'31.577 00.239 00.239 174.856
3 Spain ポル エスパルガロ 15 01'32.989 01.651 01.412 172.201
4 France ヨハン ザルコ 11 01'33.630 02.292 00.641 171.022
5 Australia ジャック ミラー 7 01'34.248 02.910 00.618 169.900
6 France ファビオ クアルタラロ 7 01'34.844 03.506 00.596 168.833
次の記事
MotoGPコラム:“心”技術が見られた日本GP&スズキ、“うっかり”規則違反の巻

前の記事

MotoGPコラム:“心”技術が見られた日本GP&スズキ、“うっかり”規則違反の巻

次の記事

Moto3オーストラリア予選:難コンディションをラミレス制す。日本勢は鳥羽が5番手

Moto3オーストラリア予選:難コンディションをラミレス制す。日本勢は鳥羽が5番手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第17戦オーストラリアGP
執筆者 永安陽介