MotoGP
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

ヨハン・ザルコ、代役初戦は13位。ホンダへの適応には「時間が必要」?

シェア
コメント
ヨハン・ザルコ、代役初戦は13位。ホンダへの適応には「時間が必要」?
2019/10/28 9:20

LCRホンダから中上貴晶の代役としてオーストラリアGPに参戦したヨハン・ザルコ。彼はマシンへの適応には時間が必要だと語った。

 MotoGP第17戦オーストラリアGPで、右肩の手術のために離脱した中上貴晶の代役として、ヨハン・ザルコがLCRホンダから出走した。

 ザルコは今戦がホンダ「RC213V」の初乗りとなったが、不安定な天候に翻弄され、ドライコンディションでの走行時間が少ないまま決勝レースに挑んだ。

 レースを14番グリッドからスタートしたザルコは、スタートでポジションをひとつ上げるも、KTM時代の元チームメイトであるポル・エスパルガロとのバトルに突入。ふたりはポジションを入れ替えながらレースを戦い、最終的にザルコはポルは抜けなかったものの13位でフィニッシュ。ポイントを持ち帰った。

 ザルコはバトルが発生したことで前方の集団を追う事ができなかったが、自身のペースは悪いものではなかったと、彼はプレスリリースに語った。

「今日のレースはとても面白く、そして嬉しい結果となりました」

「ホンダで走る初めてのレースでした。ポルとバトルとなりました。序盤から彼を何度もオーバーテイクしました。しかし、彼も僕をオーバーテイクして行かせようとしませんでした」

「そのため僕たちのペースは落ちることになり、前の集団と少しずつ離れていきました。彼とのバトルがなければ前の集団についていくことができたと思います」

 ザルコの代役参戦は、第18戦マレーシアGP、最終戦バレンシアGPの残る2戦。彼は今回の13位という結果に満足していないと言い、様々な事を学んで結果に結びつけたいと話した。

「とにかく今日は多くのことを学ぶことができました。金曜日からマシンを理解しようと努めましたが簡単ではありませんでした。天気が悪く、ドライコンディションでほとんど走ることができませんでした」

「今日は27周走ることができました。13位という結果はあまりよくありませんが、マシンをうまくコントロールするためには時間が必要です。とにかく僕もいろいろ学ばなければならないし、それが出来れば結果もついてくると思います」

Read Also:

次の記事
大クラッシュの“トラウマ”を払拭……クラッチロー、因縁の地で2位獲得

前の記事

大クラッシュの“トラウマ”を払拭……クラッチロー、因縁の地で2位獲得

次の記事

“じっくりコトコト”が勝利のカギ。マルケス、ビニャーレスに作戦勝ち

“じっくりコトコト”が勝利のカギ。マルケス、ビニャーレスに作戦勝ち
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第17戦オーストラリアGP