MotoGP
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

MotoGPオーストラリア予選:ビニャーレス、0.5秒大差のPP獲得。マルケス3番手

シェア
コメント
MotoGPオーストラリア予選:ビニャーレス、0.5秒大差のPP獲得。マルケス3番手
2019/10/27 0:45

MotoGP第17戦オーストラリアGPの予選が行われ、マーベリック・ビニャーレスがポールポジションを獲得した。

 MotoGP第17戦オーストラリアGPの予選が行われ、ヤマハのマーベリック・ビニャーレスがポールポジションを獲得した。

 グランプリ2日目のセッションが悪天候によってキャンセルされたことで、予選は決勝日の午前に実施された。気温13度、路面温度16度と冷涼なコンディションで予選が始まったが、旗がよくたなびくほどの風が吹いている状況だ。

 まず始まったQ1では中上貴晶代役のヨハン・ザルコ(LCRホンダ)がトップにつけるが、そこから始まったアタック合戦に呑まれてしまい、ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)、ジョアン・ミル(スズキ)といった面々に上を行かれてしまう。

 Q1後半に入るとクアルタラロが猛烈な勢いでアタックに突入。1分28秒949でトップタイムを更新した。

 終盤のアタックではミル、ザルコ、ポル・エスパルガロ(KTM)といったライダーが自己ベストを刻んでくるが、なんとQ2進出圏内の2番手に割って入ったのはアンドレア・イアンノーネ(アプリリア)だった。

 そしてセッションは終了。Q2へ駒を進めたのはクアルタラロとイアンノーネの2名となった。

Q2:“乗れている”ビニャーレス、PP獲得

 まずQ2最初のアタックではビニャーレスが1分28秒736を記録しトップに立ち、クアルタラロ、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)がそこに続いた、

 ここで速さを見せたのがアプリリア勢。アレイシ・エスパルガロが6番手、イアンノーネが7番手と上位に並んできた。

 セッション折返しを迎えると各ライダーは一度ピットイン。タイヤを交換し2度目のアタックに向けて再度コースへと向かった。

 中でもビニャーレスが一番初めにコースへ戻ったが、そのまま1分28秒720と自らのトップタイムを更新。トップの座を固めていった。

 ビニャーレスのタイム更新はそこからも続き、1分28秒578とひとり最速タイムを縮めていった。

 セッション終了直前にバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)が1分29秒234までタイムを縮めてきたことで4番手に浮上。

 そこから大きなタイム更新は無いままセッションは終了。ラストアタックに入ったマルケスだったが、ターン1でオーバーランを喫したことでタイム更新はならなかった。

 最終的にポールポジションはビニャーレスが2番手に0.5秒以上の大差をつけて獲得。2番手にはクアルタラロが続いた。3番手にはマルケスが入った。

 またアプリリアのアレイシとイアンノーネは、それぞれ7番手、8番手を獲得。揃ってシングルグリッドを獲得し、3列目に並んだ。

【リザルト】MotoGP第17戦オーストラリアGP 予選

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Spain マーベリック ビニャーレス 8 01'28.492     180.951
2 France ファビオ クアルタラロ 8 01'29.043 00.551 00.551 179.832
3 Spain マルク マルケス 8 01'29.216 00.724 00.173 179.483
4 Italy バレンティーノ ロッシ 9 01'29.243 00.751 00.027 179.429
5 Italy ダニーロ ペトルッチ 8 01'29.339 00.847 00.096 179.236
6 United Kingdom カル クラッチロー 8 01'29.535 01.043 00.196 178.844
次の記事
クラッチロー「FP2のタイムで決めるべき」安全重視のライダーから予選延期に反論アリ

前の記事

クラッチロー「FP2のタイムで決めるべき」安全重視のライダーから予選延期に反論アリ

次の記事

Moto3オーストラリア決勝:ダラ・ポルタ優勝で“戴冠”彩る。鈴木竜生、またも悔しい4位

Moto3オーストラリア決勝:ダラ・ポルタ優勝で“戴冠”彩る。鈴木竜生、またも悔しい4位
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP