MotoGP
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

MotoGP日本FP2:クアルタラロ、ビニャーレス抑え首位。中上貴晶15番手

シェア
コメント
MotoGP日本FP2:クアルタラロ、ビニャーレス抑え首位。中上貴晶15番手
執筆:
2019/10/18 9:56

MotoGP日本GPのフリー走行2回目が行われ、ファビオ・クアルタラロがトップタイムをマークした。

 ツインリンクもてぎで、MotoGP第16戦日本GPのフリー走行2回目が行われた。トップタイムをマークしたのはペトロナス・ヤマハSRTのファビオ・クアルタラロだった。

 くもり空の元で始まったFP2は、午前中からほとんど気温、路面温度共に上昇せず、冷涼なコンディションとなった。

 セッション序盤から各ライダーが精力的に周回。FP1ではフロントにソフトタイヤ、リヤにミディアムタイヤの組み合わせを試すライダーが多かったが、FP2ではミディアム・ソフト、ソフト・ソフトといったように選択がバラけた。

 ひとまずトップタイムとしたのはジャック・ミラー(プラマック・ドゥカティ)。しかし開始から10分弱で、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が1分45秒780を記録し、トップが入れ替わった。

 そこからしばらくは各ライダーのタイム更新は控えめになっていたが、セッション折り返しをすぎる頃に、ダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティ)が1分45秒686をマークしてトップに浮上した。

 FP1でトップ3を独占したヤマハ勢だが、このセッションでもクアルタラロが3番手、フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)が4番手、マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)が5番手と上位に並んで来た。バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)はセッション中盤に10番手タイムまで改善した。

 セッション残り10分を切ると各ライダーがアタックに入り、まずはアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)がタイムを縮めて3番手に浮上。スズキのルーキー、ジョアン・ミルも4番手までポジションを上げた。

 中上貴晶(LCRホンダ)もアタックに入るが、1分46秒766で13番手とトップ10に手が届かない状況だ。

 残り3分、モルビデリが自己ベストを更新する走りで、一気に2番手へ割って入った。

 アタック合戦は激しさを増し、ドヴィツィオーゾがトップに立ったかと思えば、その次の瞬間にはビニャーレスがそれを上回り、さらにマルケスもドヴィツィオーゾを超えるタイムを記録。上位の並びは目まぐるしく入れ替わっていく。

 残り30秒、クアルタラロがアタックをまとめて1分44秒764をマーク。FP2はここまで控えめなタイムだったが、一足飛びでトップに躍り出た。

 最終的にクアルタラロを超えるライダーは現れず、セッションは終了。初日トップタイムのクアルタラロは、唯一の1分44秒台を記録した。2番手はビニャーレス。3番手にはマルケスが並んだ。

 最終的にロッシが5番手、モルビデリが6番手とQ2圏内に4台が入るなど、ヤマハ勢が好調を維持した。

 中上は最終的に15番手。FP3のコンディションが雨になった場合、フリー走行総合トップ10に食い込むことができず、予選をQ1からスタートすることになるだろう。

Read Also:

【リザルト】MotoGP第16戦日本GP フリー走行2回目

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 France ファビオ クアルタラロ 19 01'44.764     164.976
2 Spain マーベリック ビニャーレス 18 01'45.085 00.321 00.321 164.472
3 Spain マルク マルケス 17 01'45.100 00.336 00.015 164.449
4 Italy アンドレア ドヴィツィオーゾ 19 01'45.414 00.650 00.314 163.959
5 Italy バレンティーノ ロッシ 17 01'45.466 00.702 00.052 163.878
6 Italy フランコ モルビデリ 20 01'45.562 00.798 00.096 163.729
7 Australia ジャック ミラー 15 01'45.577 00.813 00.015 163.706
8 Italy ダニーロ ペトルッチ 18 01'45.619 00.855 00.042 163.641
9 Spain ジョアン ミル 20 01'45.641 00.877 00.022 163.606
10 Spain アレイシ エスパルガロ 15 01'45.721 00.957 00.080 163.483
11 Spain アレックス リンス 18 01'45.730 00.966 00.009 163.469
12 United Kingdom カル クラッチロー 17 01'45.804 01.040 00.074 163.354
13 Spain ポル エスパルガロ 17 01'46.020 01.256 00.216 163.022
14 Italy フランチェスコ バニャイヤ 18 01'46.330 01.566 00.310 162.546
15 Japan 中上 貴晶 15 01'46.557 01.793 00.227 162.200
16 Czech Republic カレル アブラハム 17 01'46.576 01.812 00.019 162.171
17 Spain ホルヘ ロレンソ 17 01'46.661 01.897 00.085 162.042
18 Portugal ミゲル オリベイラ 16 01'46.800 02.036 00.139 161.831
19 France Sylvain Guintoli 17 01'46.803 02.039 00.003 161.826
20 Italy アンドレア イアンノーネ 15 01'46.969 02.205 00.166 161.575
21 Spain ティト ラバト 19 01'47.158 02.394 00.189 161.290
22 Finland Mika Kallio 18 01'47.312 02.548 00.154 161.059
23 Malaysia ハフィス シャーリン 17 01'47.974 03.210 00.662 160.071
次の記事
Moto2日本FP2:マルケス弟トップタイム。長島哲太は19番手に沈む

前の記事

Moto2日本FP2:マルケス弟トップタイム。長島哲太は19番手に沈む

次の記事

ロレンソ、日本GP初日17番手も怪我後”最高の出来”。旧パッケージが奏功

ロレンソ、日本GP初日17番手も怪我後”最高の出来”。旧パッケージが奏功
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第16戦日本GP
執筆者 永安陽介