MotoGP
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

MotoGPマレーシアFP2:クアルタラロ、“爆速”トップタイム。ロッシ3番手で若手追う

シェア
コメント
MotoGPマレーシアFP2:クアルタラロ、“爆速”トップタイム。ロッシ3番手で若手追う
2019/11/01 8:18

MotoGP第18戦マレーシアGPのフリー走行2回目が行われた。トップタイムを記録したのは、ペトロナス・ヤマハのファビオ・クアルタラロだった。

 MotoGP第18戦マレーシアGPのフリー走行2回目が行われ、ファビオ・クアルタラロがFP1で自身が記録したレコードを更新する走りで、トップタイムを記録した。

 カレンダーでも随一の高温多湿な環境であるマレーシア。FP2開始時には気温33度、路面温度は51度まで上昇した。

 なお、前戦オーストラリアGPでクラッシュしたミゲル・オリベイラ(テック3・KTM)は、FP1では走行したものの、最終的にマレーシアGP出走を見送った。

 FP2が始まると、コース上では序盤からタイムが縮められていく。開始から10分というところでは、アレックス・リンス(スズキ)が2分0秒319をマークしてトップに立った。そこにフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が僅差で続いた。

 また序盤ではあるが、代役参戦のヨハン・ザルコ(LCRホンダ)が2分0秒675で5番手にポジションを上げてきた。

 開始から10分が過ぎると、マルケスが2分0秒215までタイムアップ。トップタイムを更新した。

 セッション中盤はアタックよりも連続周回に入るライダーが多く、なかなかタイムシートは変動しない。そうした状況で上がってきたライダーが、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)だ。セッション折返しに2分0秒245を記録して3番手にポジションを上げた。

 残り時間20分を切ると、徐々に走りもペースアップ。ジョアン・ミル(スズキ)が5番手にまでタイムを縮めた。その後ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)がミルを僅差で上回った。

 そしてラスト10分を目前にする頃、マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)が2分0秒198を記録し、トップタイムとした。ビニャーレスはそのままアタックを続け、1分59秒845までタイムを縮めた。

 同じ頃、アンドレア・イアンノーネ(アプリリア)が転倒を喫したが、自力でコース外へ向かった。

 そして残り時間5分となる頃には、ピットに留まっていたライダーもコースイン。一斉にアタックが始まった。

 まずはモルビデリがアタックをまとめ、1分59秒502を記録してトップの座を奪った。だがその直後にクアルタラロが1分58秒576と驚きのタイムをマーク。2番手に1秒近い差をつけるぶっちぎりのトップタイムだ。

 またジャック・ミラー(プラマック)が1分59秒593で3番手に割って入り、アレイシ・エスパルガロ(アプリリア)が4番手に続いた。

 そしてチェッカーフラッグが振られた後のラストアタックで、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)が、1分59秒206を記録して2番手に躍り出た。またバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)も3番手に浮上した。

 それ以降上位に食い込むライダーは現れず、クアルタラロはFP1で自身が記録したレコードタイムを破った形となった。2番手はドヴィツィオーゾ、3番手はロッシだ。

 代役参戦のザルコは終盤のアタックに入った際、ターン1で転倒を喫してしまい、タイム更新はならず14番手に留まった。

Read Also:

【リザルト】MotoGP第18戦マレーシアGP フリー走行2回目

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 France ファビオ クアルタラロ 16 01'58.576     168.287
2 Italy アンドレア ドヴィツィオーゾ 17 01'59.206 00.630 00.630 167.397
3 Italy バレンティーノ ロッシ 17 01'59.284 00.708 00.078 167.288
4 Italy フランコ モルビデリ 15 01'59.502 00.926 00.218 166.982
5 Australia ジャック ミラー 16 01'59.593 01.017 00.091 166.855
6 Spain アレイシ エスパルガロ 14 01'59.707 01.131 00.114 166.697
次の記事
MotoGPマレーシアFP1:ヤマハ、トップ3独占。クアルタラロ、レコード破りのトップタイム

前の記事

MotoGPマレーシアFP1:ヤマハ、トップ3独占。クアルタラロ、レコード破りのトップタイム

次の記事

クアルタラロ、来季は“ファクトリーマシン”を獲得。戦闘力向上で更に強くなる?

クアルタラロ、来季は“ファクトリーマシン”を獲得。戦闘力向上で更に強くなる?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第18戦マレーシアGP