MotoGP
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

「9番手はいいポジション」代役2戦目ザルコ、決勝で追い上げ狙う

シェア
コメント
「9番手はいいポジション」代役2戦目ザルコ、決勝で追い上げ狙う
2019/11/03 0:59

MotoGPマレーシアGPの予選でヨハン・ザルコは9番グリッドを獲得。代役2戦目の走りには合格点を与えている様子だ。

 MotoGP第18戦マレーシアGPの予選で、LCRホンダのヨハン・ザルコは9番グリッドを獲得した。

 ザルコは初日こそ苦戦していたが、FP3で10番手タイムを記録して直接Q2へ進出。予選で自己ベストを更新して3列目に食い込んだ。

「今日の結果には、とても満足しています。Q2に直接進みたいと思っていました」と、ザルコはプレスリリースにコメントを寄せた。

「そしてタイムを更新してベストを尽くしたいと思っていました。その通りの走りができました」

「ベストをマークした周回はバレンティーノ(ロッシ)についていきましたが、とても興味深いものでした。彼を目標にして、彼との走りを比較し、追いつこうとがんばりました」

 中上貴晶の代役として、前戦オーストラリアGPからホンダのマシンを走らせているザルコ。ホンダRC213Vのエンジンとブレーキングを活かすことで、決勝レースでポジションを上げたいと意気込みを見せた。

「最終コーナーで0.1秒か0.2秒ロスしたかもしれませんが、9番手はいいポジションだと思います。明日がどのようなレースになるか楽しみです。エンジンはとても速いので、それを最大限活かし、力強いブレーキングでオーバーテイクできればと思います」

「オーストラリアGPでマシンのことを学び始めましたが、今大会はさらにいい走りができるようにがんばっています。このサーキットではリラックスして走ることができるし、いい結果を残してきました。今日の走行を終えて、明日はもっと速く走れる気がします。レースが楽しみです」

次の記事
マルケス”後追い戦略”は向上心の現れ? ドヴィツィオーゾ、王者の“姿勢”は認める

前の記事

マルケス”後追い戦略”は向上心の現れ? ドヴィツィオーゾ、王者の“姿勢”は認める

次の記事

マレーシアGP欠場のオリベイラ。日曜日に肩の手術を受けることが決定

マレーシアGP欠場のオリベイラ。日曜日に肩の手術を受けることが決定
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第18戦マレーシアGP