MotoGP
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

MotoGPマレーシア決勝:ビニャーレス、“独走”で完全勝利! マルケスごぼう抜き2位

シェア
コメント
MotoGPマレーシア決勝:ビニャーレス、“独走”で完全勝利! マルケスごぼう抜き2位
執筆:
2019/11/03 9:39

MotoGP第18戦マレーシアGPの決勝レースが行われ、マーベリック・ビニャーレスが独走で今季2勝目を挙げた。11番手スタートだったマルケスは、絶好のスタートを見せるなどし、2位でチェッカーを受けた。

 MotoGP第18戦マレーシアGPの決勝レースが行われ、ヤマハのマーベリック・ビニャーレスが今季2勝目を挙げた。

 この日は非常に暑い1日となったマレーシアのセパン。ただ、MotoGPクラスの決勝を迎える頃には気温31℃、路面温度43℃と多少コンディションも穏やかなものとなった。しかし空は雲に覆われて薄暗くなっており、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)などはレインタイヤの皮むきも行い、ウエットレースになった際の準備も見せた。

 そして迎えたスタート。蹴り出しはフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)とジャック・ミラー(プラマック)が良く、ミラーがホールショットを奪った。また後方からは11番グリッドのマルケスが一気にポジションを挙げ、5番手にまで浮上した。

 その一方でポールスタートのファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)は8番手にまでポジションを落としてしまった。

 1周目の最終コーナーではミラーとドヴィツィオーゾが接触しそうになり、結果ビニャーレスがトップに立った。その隙にマルケスが入り込もうとしたが、ミラーに2番手を抑えられた。

 2周目に入り若干レースが落ち着くと、ビニャーレスが0.7秒ほどのギャップを築いて後続を引っ張る展開となった。2番手にはミラー、3番手にはマルケスが続いた。その後ろに少しの間を置いてアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)とバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)が追う状態だ。

 3周目、マルケスはミラーを処理して2番手に浮上。1秒以上前を行くビニャーレスを追い始めた。またミラーはドヴィツィオーゾにも続けざまに抜かれてしまった。

 レース3分の1となる7周を消化すると、ビニャーレスとマルケスが大きく抜け出し、3番手のドヴィツィオーゾは逆にロッシ以下4番手集団に差を詰められつつあった。

 その4番手集団ではミラーとアレックス・リンス(スズキ)が最終コーナーで接触。これでリンスのマシンはウイングレットを破損してしまった。

 トップ2の間には大きな動きがないままレースは半分の10周を完了。ふたりは1.7秒程のギャップで付かず離れずといった状況だ。一方で3番手のドヴィツィオーゾはロッシに真後ろまで迫られた。

 レース後半に入るとマルケスのペースが少し落ち始め、ビニャーレスとのギャップが再び広がり始めた。残り8周という頃には2秒以上の差がふたりの間に横たわった。

 後方の3番手争いでは、ロッシがついにドヴィツィオーゾにターン9でチャージをかけた。ただロッシは一度追い抜いたものの、クロスラインでドヴィツィオーゾにやり返されてしまい、ポジションを上げることができなかった。

 レースは大きな動きのないまま残り5周に。トップのビニャーレスは快走を続け、マルケスとの間に2秒以上の差を確保し続けた。

 残り4周、最終コーナーでロッシが再び仕掛けるが、ここでもドヴィツィオーゾを抜ききることができなかった。

 そして後方ではターン14でヨハン・ザルコ(LCRホンダ)がジョアン・ミル(スズキ)と接触しクラッシュ。LCRホンダはカル・クラッチローも中盤に転倒を喫しており、ダブルリタイアとなってしまった。なおこの接触はミルに非があったと判断され、ロングラップペナルティが科されることになった。

 先頭のビニャーレスは好ペースを刻み続け、残り2周でマルケスに対して3秒と、巨大なリードを築いた。

 そしてレースはラストラップに突入。ビニャーレスは悠々と最終コーナーを立ち上がり、トップチェッカー。今季2勝目を挙げた。

 2位はマルケス。11番グリッドと今季ワーストの位置からのスタートだったにも関わらず、見事表彰台を獲得。そして年間獲得ポイントを“395”とし、これまでの最高記録(2010年・383ポイント/ホルヘ・ロレンソ)を塗り替えた。

 3位はドヴィツィオーゾ。ロッシにプレッシャーをかけられ続けたが、落ち着いた走りで表彰台を守りきった。

【リザルト】MotoGP第18戦マレーシアGP 決勝レース

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Spain マーベリック ビニャーレス 20 40'14.632     165.2 25
2 Spain マルク マルケス 20 40'17.691 03.059 03.059 165.0 20
3 Italy アンドレア ドヴィツィオーゾ 20 40'20.243 05.611 02.552 164.8 16
4 Italy バレンティーノ ロッシ 20 40'20.597 05.965 00.354 164.8 13
5 Spain アレックス リンス 20 40'20.982 06.350 00.385 164.8 11
6 Italy フランコ モルビデリ 20 40'24.625 09.993 03.643 164.6 10
次の記事
Moto2マレーシア決勝:アレックス・マルケス、Moto2チャンピオンに輝く。ビンダー4勝目

前の記事

Moto2マレーシア決勝:アレックス・マルケス、Moto2チャンピオンに輝く。ビンダー4勝目

次の記事

「ペナルティは不公平だ」ジョアン・ミル、レースディレクションの姿勢を批判

「ペナルティは不公平だ」ジョアン・ミル、レースディレクションの姿勢を批判
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第18戦マレーシアGP
執筆者 永安陽介