MotoGP
13 9月
-
15 9月
イベントは終了しました
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
3 days

MotoGPタイ予選:クアルタラロ、レコード更新のPP獲得。マルケス転倒も3番手

シェア
コメント
MotoGPタイ予選:クアルタラロ、レコード更新のPP獲得。マルケス転倒も3番手
執筆:
2019/10/05 9:38

MotoGPタイGPの予選が行われ、ペトロナス・ヤマハのファビオ・クアルタラロがポールポジションを獲得した。

 チャーン・インターナショナル・サーキットでMotoGP第15戦タイGPの予選が行われた。ポールポジションを獲得したのはファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハ)だった。

 朝に降った雨の影響もなく陽気に包まれたサーキット。気温は28℃、路面温度46℃と暑いコンディションで予選がスタートした。

 まずはQ1だが、ホルヘ・ロレンソ(レプソル・ホンダ)がコースへ一番乗りで入った。

 最初のアタックを終えたフランチェスコ・バニャイヤ(プラマック)が1分31秒416でトップタイムに。2番手にはポル・エスパルガロ(KTM)が続いた。

 アタックを続けたポル・エスパルガロは1分31秒230にタイムを更新。トップに浮上した。またこれまでのところ苦戦が続いているカル・クラッチロー(LCRホンダ)が1分31秒376で2番手にポジションを上げた。

 セッション半分を消化し、各ライダーはピットへ戻りタイヤを交換。残り7分を切ると再びアタックへ向かった。

 後半のアタックではそれまでノータイムだったペトルッチが速さを見せた。アタックに入ったペトルッチは1分30秒685をマークし、トップへ一気に浮上した。またクラッチローも1分30秒969と好タイムをマーク。2番手に続いた。

 残り2分、バニャイヤがターン7で転倒。自己ベストを更新するペースを見せていたが、ここで予選終了となってしまった。

 そして残り1分を目前に、ポル・エスパルガロが1分30秒956とクラッチローを上回って2番手を奪取。Q2進出圏内にポジションを戻した。

 その影響で3番手にポジションを落としたクラッチローは、アタック途中まで最速タイムを刻んだもののバランスを崩しアタック中断。最終的にタイムを更新できず3番手でチェッカーを受けた。また中上貴晶(LCRホンダ)も自己ベストを刻んだものの、4番手タイム。LCRホンダは2名ともQ1落ちとなった。

 最終的にラストアタックでQ2圏内に食い込むライダーは出ず、ペトルッチとポル・エスパルガロの2名がQ2へ駒を進めた。

Q2:転倒続出の予選に

 タイGPでチャンピオン獲得を決めたいマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)は、セッション開始前からピット出口にバイクを並べ、真っ先にコースインして行った。

 マルケスは最初のアタックで1分30秒649をマークしたが、マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)が1分30秒332でそれを上回ってトップに立った。

 だがその次の周、マルケスは全体ベストを更新。1分30秒109と2018年に自身の記録したコースレコードに迫るタイムを記録してトップを奪い返した。

 10分を切った頃、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)がターン5で転倒。マシンの再始動はできず、ロッシはコース外からピットへ向かい、スペアバイクで予選を継続した。

 マルケスのタイムを上回って来たのがクアルタラロだ。1分29秒920とレコードを更新する走りでトップタイムとした。マルケスもアタックを続けて1分29秒秒台をマークしたが、クアルタラロには及ばず2番手のままだった。

 ビニャーレスも自己ベストを更新する走りを見せたが、ここは3番手にとどまった。

 残り5分を切るとタイヤ交換を済ませたクアルタラロやマルケス、ピットに戻ったロッシが再びコースイン。またビニャーレスは残り3分を切った頃にマシンを乗り換えて2度目のアタックに向かった。

 残り時間が少なくなる中、クアルタラロ、マルケス共に全体ベストを刻みながら周回。まずはクアルタラロが1分29秒719と自己ベストを更新した。一方でマルケスは、ターン5でフロントタイヤを切れ込ませて転倒を喫してしまい、タイム更新をできずに予選を終えた。

 フロントロウに食い込むライダーは現れないかと思いきや、ラストアタックでビニャーレスが1分29秒825をマークして2番手に割って入った。

 またクアルタラロも最速ラップを記録した次の周、ロッシやマルケスと同じくターン5で転倒を喫してしまい、さらなるタイムアップはできなかった。

 これでセッションが終了。クアルタラロが今季4度目のポールポジションを獲得した。2番手はビニャーレス。3番手はマルケスとなった。

 一方タイGPでのマルケスのタイトル獲得を阻むため、何としても上位グリッドを獲得したいアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)だったが、7番手で予選を終えている。

【リザルト】MotoGP第15戦タイGP 予選結果

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差
1 France ファビオ クアルタラロ 8 1'29.719    
2 Spain マーベリック ビニャーレス 9 1'29.825 0.106 0.106
3 Spain マルク マルケス 7 1'29.931 0.212 0.106
4 Italy フランコ モルビデリ 9 1'30.431 0.712 0.50
5 Italy ダニーロ ペトルッチ 7 1'30.522 0.803 0.091
6 Australia ジャック ミラー 8 1'30.597 0.878 0.075
次の記事
Moto2タイ予選:長島哲太、好調の2番手フロントロウ。マルケスがポール獲得

前の記事

Moto2タイ予選:長島哲太、好調の2番手フロントロウ。マルケスがポール獲得

次の記事

「方向性が見えてきた」中上貴晶、予選14番手も追い上げのレース目指す

「方向性が見えてきた」中上貴晶、予選14番手も追い上げのレース目指す
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第15戦タイGP
執筆者 永安陽介