MotoGPフランスFP2:変化するコンディションの中、ミラーがトップ。中上奮闘3番手

MotoGP第10戦フランスGPのフリー走行2回目が行なわれ、プラマックのジャック・ミラーがトップタイムを記録した。LCRホンダの中上貴晶は3番手に入った。

MotoGPフランスFP2:変化するコンディションの中、ミラーがトップ。中上奮闘3番手

 ル・マンのブガッティ・サーキットでMotoGP第10戦フランスGPのフリー走行2回目が行なわれ、ジャック・ミラー(プラマック)がトップタイムを記録した。

 サーキット周辺はFP1に引き続き曇り空。幸い直前のMoto3クラスの走行で雨はあがってきたが、路面はハーフウェットだ。各ライダーも路面コンディションをピットロードから気にしている様子が見られた。

 セッション開始を迎えたタイミングでのコンディションは、気温16度、路面温度17度だった。

 バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)がコースへいち早く入り、そのタイヤチョイスはスリックタイヤ。一方同じようなタイミングでコースに入ったアレックス・リンス(スズキ)やミラー、フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)といった面々はまずはレインタイヤでチェックへ向かっていた。

 ロッシ以外にもフランチェスコ・バニャイヤ(プラマック)がスリックタイヤでコースに出ていたが、彼はコンディションをチェックすると、ピットへ戻った。

 FP2はセッションが開始された後もピットに留まるライダーが多く、難しい路面コンディションにどう対応していくかを探っているようだった。

 序盤からコースに向かったロッシ達がタイム計測に入ったが、タイムはレインタイヤ組の方が速く、ロッシも3周でピットに戻っている。

 セッション開始から10分が経とうとする頃、ヨハン・ザルコ(アビンティア)がレインタイヤで1分41秒811をマークし、ひとまずのトップタイムとなった。また同じ頃にマーシャルポストでは降雨を示すレッドクロスフラッグが振られた。

 コース上では降雨などなんのそのと言った勢いでザルコによるアタックが続いており、1分40秒943にまでトップタイムを短縮した。

 出走している大半のライダーがレインタイヤで走る中、ミラーはスリックでの出走を選択。そのままアタックに入ると、1分39秒629をマークし、トップタイムを更新。連続走行で1分37秒738まで更新して行った。

 ミラーの様子を見て、スリックタイヤを装着してコースに入るライダーも増加。セッション折り返しでは約半分のライダーがスリックでコースへ向かった。ただなかなかミラーのタイムは更新されなかった。

 残り時間3分の1になろうという頃には雨も収まりトラックコンディションが改善したことで、タイム更新が連続。中上貴晶(LCRホンダ)が1分36秒320でミラーのトップタイムを更新した。

 一時はリンスがそれを更新してきたが、中上は連続アタックで1分35秒635までタイムを縮め、トップタイムの座を維持した。

 残り11分、アレイシ・エスパルガロ(アプリリア)がターン3で転倒。この日最初のグラベルの餌食となった。さらに直後にはターン11でチームメイトのブラッドリー・スミスもハイサイド転倒を喫してしまった。

 難しいコンディションでの攻めた走りでは転倒が続き、残り9分を切った頃にアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)もターン3でスリップダウンによるクラッシュを喫している。

 アタックラップは残り6分頃から再び本格化。モルビデリ、カル・クラッチロー(LCRホンダ)らが中上のタイムを超えていき、ミラーが1分34秒566を記録してトップタイムとなった。

 アタックに次ぐアタックでタイムシートの順位は次々と変動。チェッカー後に至るまでタイム更新が続き、最終的にトップタイムをマークしたのはミラー。タイムは1分34秒133だった。

 2番手にはビニャーレス、3番手には中上が続いた。なお中上は最後のアタックで最速ペースを記録していたが、ターン11で転倒を喫してしまいタイムを更新できなかった。

 以下初日総合トップ10までの並びが、ザルコ、ロッシ、ダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティ)、クラッチロー、アレックス・マルケス(レプソル・ホンダ)、モルビデリ、ポル・エスパルガロ(KTM)となった。

 10日(土)は雨という予報もあり、FP3がウエットコンディションとなった場合には初日のタイムで予選組分けがされることになるだろう。

 なお母国戦のファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)は最終的に初日総合13番手タイムであり、その場合はQ1スタートとなる。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Australia ジャック ミラー 15 1'34.133     160.050
2 Spain マーベリック ビニャーレス 15 1'34.500 0.367 0.367 159.428
3 Japan 中上 貴晶 16 1'34.857 0.724 0.357 158.828
4 France ヨハン ザルコ 18 1'34.952 0.819 0.095 158.669
5 Italy バレンティーノ ロッシ 22 1'35.012 0.879 0.060 158.569
6 Italy ダニーロ ペトルッチ 16 1'35.054 0.921 0.042 158.499
7 United Kingdom カル クラッチロー 11 1'35.141 1.008 0.087 158.354
8 Spain アレックス マルケス 20 1'35.337 1.204 0.196 158.028
9 Italy フランコ モルビデリ 24 1'35.369 1.236 0.032 157.975
10 Spain ポル エスパルガロ 14 1'35.374 1.241 0.005 157.967

シェア
コメント
ヤマハ、エンジニアが新型コロナ陽性確認。プロジェクトリーダー含む6名が隔離

前の記事

ヤマハ、エンジニアが新型コロナ陽性確認。プロジェクトリーダー含む6名が隔離

次の記事

初日13番手クアルタラロ「タイトル争いのためにも“馬鹿なミス”はしたくなかった」

初日13番手クアルタラロ「タイトル争いのためにも“馬鹿なミス”はしたくなかった」
コメントを読み込む