MotoGP
11 9月
イベントは終了しました
18 9月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
R
タイGP
02 10月
Canceled
09 10月
イベントは終了しました
R
日本GP
15 10月
イベントは終了しました
16 10月
イベントは終了しました
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
23 10月
イベントは終了しました
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
次のセッションまで……
8 days
13 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
次のセッションまで……
15 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

MotoGPアラゴン決勝:スズキ好調リンスが今季初優勝! マルケス弟“覚醒”連続表彰台

シェア
コメント
MotoGPアラゴン決勝:スズキ好調リンスが今季初優勝! マルケス弟“覚醒”連続表彰台
執筆:

MotoGP第11戦アラゴンGPの決勝レースが行なわれ、スズキのアレックス・リンスが今季初優勝を果たした。

 モーターランド・アラゴンでMotoGP第11戦アラゴンGPの決勝レースが行なわれ、スズキのアレックス・リンスが今季初優勝を果たした。

 前日の予選ではファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)がポールポジションを獲得。中上貴晶(LCRホンダ)は7番グリッドからのスタートだ。

 低温のコンディションに悩まされてきたアラゴンGPだが、決勝日は天候にも恵まれ、3日間で最も温かい状態に。気温は21℃、路面温度は31℃でMotoGPクラスのスタート時刻を迎えた。

 23周のレースが開始されると、クアルタラロそしてマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)が好スタート。ビニャーレスがホールショットを奪い、クアルタラロ、フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)がそこに続いた。

 オープニングラップからビニャーレスはハイペースで走り、1周を終えてコントロールラインに戻ってくると0.7秒ほどのギャップを確立。クアルタラロら後続を引き離しにかかった。

 3周目、3番手のモルビデリはターン2でリンスによるオーバーテイクを許し、後退してしまった。

 中上は7番手で先頭を追っていくが、追い上げてきたアレックス・マルケス(レプソル・ホンダ)とのバトルになると、4周目に追い抜かれてしまった。

 先頭集団ではリンスが2番手のクアルタラロに接近。5周目にテールトゥノーズ状態に持ち込んだ。

 リンスは6周目にクアルタラロをオーバーテイクすると、そのまま先頭を行くビニャーレスを追い上げ始める速さを見せた。ビニャーレスが築いた0.7秒のアドバンテージは1周であっという間に消滅し、リンスが先頭を捉えた。

 更にチームメイトのジョアン・ミルも追い上げを見せており、8周目にはクアルタラロとモルビデリを一気に料理して3番手に浮上してきた。

 その8周目の最終コーナーでは、リンスが遂にビニャーレスをオーバーテイク。今季初優勝に向けてビニャーレスを突き放しにかかった。

 一方、2番手ビニャーレスはミルに接近されつつある状況。さらにその後方4番手には見事な追い上げを見せているアレックス・マルケスが接近していた。

 先頭集団では、13周目にミルがビニャーレスを最終コーナーでオーバーテイクして2番手に浮上。追い抜かれてしまったビニャーレスは14周目のターン1での抑えが効かず、アレックス・マルケスにも追い抜きを許してしまった。

 レースは残り10周。先頭のリンスにはミルとアレックス・マルケスが徐々に接近。1秒ほどあった差が残り7周で0.5秒を切ってきた。

 残り6周、アレックス・マルケスは最終コーナーでミルをオーバーテイク。2番手に浮上した。

 アレックス・マルケスのペースは先頭のリンスよりも良く、1周で一気に接近。残り5周で真後ろについた。ふたりのアレックスによるバトルは続き、レースはラスト3周。しかしマルケスの方は最終コーナーで一瞬バランスを崩すシーンが有り、そこでギャップが生まれてしまった。この動きでマルケスは慎重になったか、0.3秒ほどのギャップを抱えたまま最終ラップに突入した。

 マルケスは最後までリンスを追っていくが、力足りず。リンスが先頭でチェッカーを受け、自身&スズキにとって今季初の優勝を果たした。

 なおリンスはチェッカー後にガス欠を起こすほどギリギリまで計算しつくされた走りだったようで、スクーターに牽引されてパルクフェルメへと向かうことになった。

 2位はアレックス・マルケス。前戦フランスGPから連続表彰台を獲得と、まさに“覚醒”といった具合だ。

 3位はミル。優勝には手が届かなかったが、タイトル争いのライバルであるクアルタラロが中盤以降に失速し18位で終わったため、ランキング首位に浮上した。

 中上はレースを通じて徐々に追い上げる走りを披露。最終ラップにはモルビデリを抜き、5位入賞を果たした。これで中上は、ポイントランク首位との差を29ポイントに縮めた。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Spain アレックス リンス 23 41'54.391     167.1 25
2 Spain アレックス マルケス 23 41'54.654 0.263 0.263 167.1 20
3 Spain ジョアン ミル 23 41'57.035 2.644 2.381 167.0 16
4 Spain マーベリック ビニャーレス 23 41'57.271 2.880 0.236 166.9 13
5 Japan 中上 貴晶 23 41'58.961 4.570 1.690 166.8 11
6 Italy フランコ モルビデリ 23 41'59.147 4.756 0.186 166.8 10
7 Italy アンドレア ドヴィツィオーゾ 23 42'03.030 8.639 3.883 166.6 9
8 United Kingdom カル クラッチロー 23 42'03.304 8.913 0.274 166.5 8
9 Australia ジャック ミラー 23 42'03.781 9.390 0.477 166.5 7
10 France ヨハン ザルコ 23 42'04.008 9.617 0.227 166.5 6

Moto3アラゴン決勝:マシア追い上げ今季初優勝。小椋藍14位でなんとか入賞

前の記事

Moto3アラゴン決勝:マシア追い上げ今季初優勝。小椋藍14位でなんとか入賞

次の記事

リンス、ついに掴んだ今季初勝利「これまでよりも難しい1勝だった」

リンス、ついに掴んだ今季初勝利「これまでよりも難しい1勝だった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント アラゴンGP
執筆者 永安陽介