MotoGPカタール決勝:マーベリック・ビニャーレス、ドゥカティ勢下し完璧な勝利。中上は転倒リタイア

MotoGP2021年シーズンの開幕戦カタールGPの決勝レースが行なわれた。今季最初のレースを制したのはヤマハのマーベリック・ビニャーレスだ。

MotoGPカタール決勝:マーベリック・ビニャーレス、ドゥカティ勢下し完璧な勝利。中上は転倒リタイア

 ロサイル・インターナショナル・サーキットで2021年のMotoGP開幕戦カタールGP決勝レースが行なわれた。今季最初のレースを制したのは、ヤマハのマーベリック・ビニャーレスだった。

 全22周のレースが開始されると、ポールポジションのフランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)が先行。ジャック・ミラー(ドゥカティ)、ヨハン・ザルコ(プラマック)、ホルヘ・マルティン(プラマック)とドゥカティ勢がスタートで上位を占めた。そしてバニャイヤが先頭を引っ張り、各車の間隔が広がっていく展開となった。

 序盤3周でファビオ・クアルタラロとビニャーレスのヤマハ勢ふたりが4番手と5番手に浮上。ドゥカティ勢を追走する体勢に入り、5台で先頭集団を形成した。

 クアルタラロは7周目にミラーをオーバーテイク。ビニャーレスも8周目にミラーを追い抜き、表彰台圏内の争いに加わった。さらにアレックス・リンス(スズキ)も先頭集団に接近。これで先頭集団は6名となった。

 暫くは落ち着いた展開が続いたが、レース折返しとなる11周目にビニャーレスが仕掛けた。ビニャーレスはザルコに狙いを定めると軽々とオーバーテイク。2番手に浮上するとそのままバニャイヤへのプッシュを開始し始めた。

 背後にピタリとつけたビニャーレスはインフィールド区間でオーバーテイクを試みる。バニャイヤはなんとかディフェンスしていくが、15周目のターン10で遂にオーバーテイクを許し、ビニャーレスが先頭に浮上した。

 トップに立ったビニャーレスは好機と見たか一気にプッシュを開始。バニャイヤに差し返すことを許さずギャップを広げにかかると、1周で0.5秒以上引き離し、逃げの体勢に入った。

 2番手以下の争いも終盤に入り白熱。ザルコが残り6周でバニャイヤを追い抜き、バニャイヤは更にリンスとジョアン・ミル(スズキ)にもプレッシャーをかけられる形となってしまった。

 先頭のビニャーレスは一度前に出るとリズム良く走り続け、後続を引き離す好走でトップチェッカー。文句なしの走りで開幕戦勝利を飾った。

 2位、3位争いではドラマが。最終ラップのターン15でミルが2番手に浮上し、勝負は決まったかと思われた。しかし最終コーナーからの立ち上がりでドゥカティのマシンが圧倒的な加速性能を見せ、ザルコ、バニャイヤが揃ってミルをまくってゴール。2位はザルコ、3位はバニャイヤとなり、ミルは表彰台を逃す4位となってしまった。

 LCRホンダの中上貴晶は7周目にターン9でクラッシュ。チームメイトのアレックス・マルケスも14周目に転倒を喫しており、チームLCRにとってはほろ苦い結果となってしまった。

 なおヤマハファクトリーチームが好調だった一方で、ペトロナス・ヤマハSRTはバレンティーノ・ロッシが12位、フランコ・モルビデリが18位と後方でレースを終えている。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Spain マーベリック ビニャーレス 22         25
2 France ヨハン ザルコ 22 1.092       20
3 Italy フランチェスコ バニャイヤ 22 1.129       16
4 Spain ジョアン ミル 22 1.222       13
5 France ファビオ クアルタラロ 22 3.030       11
6 Spain アレックス リンス 22 3.357       10
7 Spain アレイシ エスパルガロ 22 5.934       9
8 Spain ポル エスパルガロ 22 5.990       8
9 Australia ジャック ミラー 22 7.058       7
10 Italy エネア バスティアニーニ 22 9.288       6

シェア
コメント
Moto2カタール決勝:ロウズが独走優勝で2021年をスタート。小椋藍は初戦を17位で終える

前の記事

Moto2カタール決勝:ロウズが独走優勝で2021年をスタート。小椋藍は初戦を17位で終える

次の記事

開幕戦優勝のビニャーレス、YZR-M1の改善を確信「ヤマハが帰ってきた!」

開幕戦優勝のビニャーレス、YZR-M1の改善を確信「ヤマハが帰ってきた!」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント カタールGP
執筆者 永安陽介