MotoGPスティリア決勝:マルティン、ポール・トゥ・ウィンでMotoGP初優勝! 中上貴晶追い上げ5位

MotoGP第10戦スティリアGPの決勝レースが行なわれた。優勝はプラマックのホルヘ・マルティンだった。

MotoGPスティリア決勝:マルティン、ポール・トゥ・ウィンでMotoGP初優勝! 中上貴晶追い上げ5位

 MotoGP第10戦スティリアGPの決勝レースで、プラマックのホルヘ・マルティンが初優勝を果たした。

 ステリィアGP決勝日は朝から雨となっていた影響で、ウォームアップはウェットコンディションで行なわれた。ただレース前には既に雨が降り止んでおり、MotoGPクラス決勝はドライレースが宣言され、気温18℃、路面温度19℃のコンディションでスタートを迎えた。

 ポールポジションからスタートしたプラマックのホルヘ・マルティンだったが、ホールショットを決めたのはドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤ。バニャイヤはその後、オープニングラップをトップで通過した。

 しかし3周目、3コーナーで大きな波乱が発生し、レースは赤旗中断となった。今回ワイルドカード参戦しているダニ・ペドロサ(KTM)が転倒すると、後方を走っていたロレンソ・サヴァドーリ(アプリリア)が転倒したペドロサのマシンに衝突。その結果マシンがコース上で炎上してしまったことが原因だ。

 コースの清掃を経て、レースは全27周、オリジナルグリッドでのスタートで仕切り直しとなった。再スタート直後はジャック・ミラー(ドゥカティ)がレースを引っ張る展開となり、その後ろをマルティンとジョアン・ミル(スズキ)が追った。

 3周もするとマルティンが先頭を奪い、2番手はミル、3番手にミラーというオーダーとなった。

 その後ミラーはトップ2のペースについていくことができず、徐々に後退。後方から追ってきたファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)にもオーバーテイクを許して4番手にポジションを下げた。

 ミラーはクアルタラロの後ろを走行していたが、残り10周の7コーナーで転倒。ここでリタイアとなった。

 トップを走るマルティンとミルだったが、マルティンのペースが落ちずその差は徐々に拡大。残り5周の段階でギャップは1秒を超えていた。

 マルティンは以降もミルを寄せ付けない走りでトップチェッカー。MotoGPクラス初優勝をポール・トゥ・ウィンで飾った。2位はミル、3位はクアルタラロだ。

 4位以下はブラッド・ビンダー(KTM)、中上貴晶(LCRホンダ)、ヨハン・ザルコ(プラマック)となっており、ポイントリーダーのクアルタラロは、ランク2番手のザルコに対してギャップを広げることに成功した。

 また、スティリアGP開始前に今シーズン限りでの現役引退を表明したばかりであるバレンティーノ・ロッシ(ペトロナス・ヤマハSRT)は13位だった。

 転倒し赤旗中断の引き金となったペドロサだが、彼は怪我なくレースに再び参加。最終的にKTM勢で2番手の10位でポイントを獲得した。

 もう一人レースの場に帰ってきたのが、負傷中のフランコ・モルビデリの代役としてペトロナス・ヤマハSRTから参戦した、カル・クラッチローだった。クラッチローは17位でレースを終了。次戦オーストリアGPとイギリスGPにも参戦する予定だ。

 

Read Also:

 

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Spain ホルヘ マルティン 27 -       25
2 Spain ジョアン ミル 27 1.548 1.548 1.548   20
3 France ファビオ クアルタラロ 27 9.632 9.632 8.084   16
4 South Africa ブラッド ビンダー 27 12.771 12.771 3.139   13
5 Japan 中上 貴晶 27 12.923 12.923 0.152   11
6 France ヨハン ザルコ 27 13.031 13.031 0.108   10

シェア
コメント
【リザルト】2021MotoGP第10戦スティリアGP決勝:ホルヘ・マルティン、MotoGP初優勝!
前の記事

【リザルト】2021MotoGP第10戦スティリアGP決勝:ホルヘ・マルティン、MotoGP初優勝!

次の記事

バイク2台炎上で赤旗……ペドロサ「無事だったのは幸運。転倒の理由は分からない」

バイク2台炎上で赤旗……ペドロサ「無事だったのは幸運。転倒の理由は分からない」
コメントを読み込む