中上貴晶、オーストリア予選は12番手「ミスがありベストではなかった。レースに向けて良いペースはある」

LCRホンダの中上貴晶はMotoGP第11戦オーストリアGP予選で12番手。彼はパフォーマンスを出しきれない予選になってしまったものの、レースに向けては良いペースがあると語った。

中上貴晶、オーストリア予選は12番手「ミスがありベストではなかった。レースに向けて良いペースはある」

 レッドブルリンクで行なわれているMotoGP第11戦オーストリアGP予選で、LCRホンダの中上貴晶は12番手とQ2最後尾に終わった。しかしレースに向けては良いペースがあると考えているようだ。

 中上はオーストリアGP初日は総合4番手タイムと好調な滑り出しを見せ、それを維持して総合8番手でQ2へ直接進出を果たした。

 ただ中上はQ2終盤のアタックで自己ベストタイムを刻んでいたものの、最終セクターでミスがあり、ポジションアップができずに終了。12番手とQ2最後尾でセッションを終えた。

 同じレッドブルリンクで行なわれた前戦スティリアGPでは5位フィニッシュを果たしている中上。予選では沈んでしまったものの、今回も良いペースがあると語っており、決勝では最後まで安定したペースで走りたいとした。

「午後の予選セッションではいくつかミスをしてしまい、ベストパフォーマンスではありませんでした」

「12番手という結果ですが、今大会は良いペースがあります。FP4のレースペースはかなり興味深いものでした。レースディスタンスでは、いくつか改善しなければならないところはありますが、明日のウォームアップで最後の調整をし、レースではベストを尽くします」

「良いスタートを切り、安定したペースで最後まで走りたいです。そして、すばらしい結果を残せるようにがんばります」

 

Read Also:

シェア
コメント
クラッチロー、出場停止中のビニャーレス再び擁護「彼は危険なライダーじゃない」

前の記事

クラッチロー、出場停止中のビニャーレス再び擁護「彼は危険なライダーじゃない」

次の記事

出場停止中のビニャーレス、非を認めヤマハに謝罪。「間違った方法でバイクを走らせてしまった」

出場停止中のビニャーレス、非を認めヤマハに謝罪。「間違った方法でバイクを走らせてしまった」
コメントを読み込む