MotoGPアメリカズ決勝:COTA王マルケス帰還、今季2勝目! クアルタラロ2位獲得で初タイトルに王手

MotoGP第15戦アメリカズGPの決勝レースが行なわれ、レプソル・ホンダのマルク・マルケスが優勝を遂げ、サーキット・オブ・ジ・アメリカズで7度目の勝利を飾った。

MotoGPアメリカズ決勝:COTA王マルケス帰還、今季2勝目! クアルタラロ2位獲得で初タイトルに王手

 アメリカ、テキサス州にあるサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)で開催されたアメリカズGP。レプソル・ホンダのマルク・マルケスが優勝を飾った。

 新型コロナウイルスのパンデミックの影響により、2020年は開催中止となったアメリカズGP。2021年シーズンも当初は春先での開催を予定されていたが、10月まで延期となっていた。そのため、アメリカのファンにとっては、2年半ぶりに戻ってきたMotoGPになった。

 決勝は晴天の中、気温31℃、路面温度41℃のコンディションでスタート。ポールポジションには3戦連続PPを獲得したフランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)が並び、2番手に現在ポイントリーダーのファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)、3番手にはCOTAで6勝を記録するマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が続いた。

 ホールショットを決めたのはマルケス。その後ろにフロントロウからのスタートしたクアルタラロとバニャイヤが続いた。

 マルケスはオープニングラップをトップで通過すると、そのままレースをリード。2番手には変わらずクアルタラロ、3番手にアレックス・リンス(スズキ)となり、バニャイヤは4番手に後退。その後ろにはホルヘ・マルティン(プラマック)、中上貴晶(LCRホンダ)らが後を追った。

 しかし中上は前を狙ってアタックしていた中での2周目にターン12で、まさかの転倒。コース復帰を果たすもポジションは大幅に落とすことになった。

 レース前半はマルケスが終始先頭に立ち、トップを走行。8周目に突入する頃には最速ラップを毎周更新しながら、2番手以降の後続に1.5秒差を築き上げていた。

 レースも折り返しとなった10周目の時点で、表彰台争いは2番手を走るクアルタラロと3番手を走るマルティン、そして10番手からスタートをしたジャック・ミラー(ドゥカティ)がその後を追い、この3名による争いとなった。

 しかし、好調なペースで3番手を走行するマルティンとの差を縮めていたミラーだったが、その差を詰め切ることができず、逆に徐々に差が広がっていってしまった。そして気付けば、5番手争いをしていたバニャイヤとリンスに追い抜きを許し、6番手まで後退してしまった。

 残り4周となったところで3番手争いが激化。3番手走行中のマルティンがコーナーで大幅に膨れ、そのままコーナーをショートカット。このミスの結果、4番手を走行していたバニャイヤが差を縮めた。ピタリとその後ろにつけると翌18周目にはマルティンをパスし、これで表彰台圏内に浮上した。

 なおショートカットをしたマルティンには、ロングラップペナルティーが科せらた。マルティンは最終ラップにこのペナルティを消化し、ポジションを5番手まで下げた。

 優勝は2位以下に4.6秒差をつけ、終始独走態勢を貫いたマルケス。COTAではこれで7勝目。強いマルケスの帰還を印象づけた。

 2位はクアルタラロ。これでランキング2番手のバニャイヤとの差を、52ポイントまで拡大することに成功。今回でマッチポイントが点灯しており、早ければ次戦でのタイトル決定の可能性が出てきた。

 3位は、そのチャンピオンシップを争うバニャイヤ。4位はリンス、5位はマルティンとなった。

 一時は表彰台も見えていたミラーだったが、最終的には8位でフィニッシュ。最終ラップではジョアン・ミル(スズキ)にコーナーで後ろから接触される場面があり、コースから押し出される形となってポジションを落とした。レース後ミラーはミルに対し怒りを露わにしていたが、この接触はレース後審議という形となった。

 2周目に転倒を期した中上は、その後レースへと復帰。17位でチェッカーを受けた。

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Spain マルク マルケス 20 41'41.435     158.6 25
2 France ファビオ クアルタラロ 20 41'46.114 4.679 4.679 158.3 20
3 Italy フランチェスコ バニャイヤ 20 41'49.982 8.547 3.868 158.1 16
4 Spain アレックス リンス 20 41'52.533 11.098 2.551 157.9 13
5 Spain ホルヘ マルティン 20 41'53.187 11.752 0.654 157.9 11
6 Italy エネア バスティアニーニ 20 41'54.704 13.269 1.517 157.8 10
7 Australia ジャック ミラー 20 41'56.157 14.722 1.453 157.7 9
8 Spain ジョアン ミル 20 41'54.841 13.406   157.8 8
9 South Africa ブラッド ビンダー 20 41'57.267 15.832 2.426 157.6 7
10 Spain ポル エスパルガロ 20 42'01.700 20.265 4.433 157.4 6
シェア
コメント
Moto2アメリカズ決勝:フェルナンデス今季7勝目。ガードナー転倒でタイトル争いは振り出しへ
前の記事

Moto2アメリカズ決勝:フェルナンデス今季7勝目。ガードナー転倒でタイトル争いは振り出しへ

次の記事

ヤマハWSBK、野左根航汰との2022年契約延長の方向で調整中「チャンスを与えることがフェア」

ヤマハWSBK、野左根航汰との2022年契約延長の方向で調整中「チャンスを与えることがフェア」
コメントを読み込む