MotoGPアルガルヴェFP3:バニャイヤ、王者クアルタラロ越えトップタイム。中上0.005秒差でQ1行き

MotoGP第17戦アルガルヴェGPのフリー走行3回目が行なわれた。トップタイムをマークしたのはドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤだった。

MotoGPアルガルヴェFP3:バニャイヤ、王者クアルタラロ越えトップタイム。中上0.005秒差でQ1行き

 ポルトガルで開催中のMotoGP第17戦アルガルヴェGPの2日目。午前のフリー走行3回目が行なわれ、ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤがトップタイムをマークした。

 初日に続き快晴のもと、気温16度、路面温度18度とドライコンディションでセッションはスタート。

 FP1とFP2では今シーズンのチャンピオンとなったファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)が両セッションをトップタイムで終え、新王者の貫禄を見せつけた。

 セッション開始序盤はタイムシートに動きのないまま時間が過ぎ、各ライダーは淡々と周回を重ねていく展開が続いた。

 開始から15分ほどが経過すると各車1度目のピットイン。クアルタラロ、ジャック・ミラー(ドゥカティ)、アレックス・マルケス(LCRホンダ)らは、そのまま周回を続けた。

 セッション折り返しを過ぎた頃、ジョアン・ミル(スズキ)がタイムを更新し、上位に食い込んで来た。そして中上貴晶(LCRホンダ)も自己ベストを更新。にわかにQ2直接進出となる総合トップ10入りの争いが激しくなりそうな雰囲気が漂い始めた。

 残り10分のタイミングで各ライダーはアタックに備えていちどピットイン。そして再びコースに向かっていくと、フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)がラスト8分で4番手にポジションアップする。これを皮切りに、各ライダーが次々にタイムを更新していった。

 タイム更新が続く中、初日トップタイムのクアルタラロもアタックに向かうと、1分39秒206と自己ベストタイムを更新。このままトップの位置を固め、FP1からFP3まで全セッションをトップで終えるかと思われたが、バニャイヤが終盤のアタックで0.004秒上回る1分39秒202を叩き出し、クアルタラロからトップタイムの座を奪った。

 また、マリーニもセクター1で最速タイムで周回。しかし最後までまとめ切れずに終わるも、嬉しい4番手を記録。これで総合トップ10圏内に浮上した。

 中上はこのアタック合戦の中でタイムを縮めきれず、総合トップ10圏外に脱落。残り少ない時間でアタックをまとめ上げることが求められた。

 最後のアタックでは多くのライダーが自己ベストタイムを更新したが、トップタイムを更新する者は現れず、バニャイヤがそのままFP3をトップタイムで終えた。2番手はクアルタラロ、3番手はミルだ。

 予選Q2へ直接進出となるFP3までの総合トップ10は、バニャイヤ、クアルタラロ、ミル、ミラー、アレックス・マルケス、モルビデリ、アレックス・リンス(スズキ)、ポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ)、ルカ・マリーニ(エスポンソラマ)、ホルヘ・マルティン(プラマック)だ。

 中上はラストラップまで全力を尽くすも最後は0.005秒及ばず、11番手。予選はQ1からのスタートとなった。

 
Read Also:
順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Italy フランチェスコ バニャイヤ 18 1'39.202     166.641
2 France ファビオ クアルタラロ 20 1'39.203 0.001 0.001 166.640
3 Spain ジョアン ミル 16 1'39.227 0.025 0.024 166.599
4 Australia ジャック ミラー 19 1'39.362 0.160 0.135 166.373
5 Spain アレックス マルケス 20 1'39.375 0.173 0.013 166.351
6 Italy フランコ モルビデリ 19 1'39.476 0.274 0.101 166.182
7 Spain アレックス リンス 20 1'39.550 0.348 0.074 166.059
8 Spain ポル エスパルガロ 18 1'39.552 0.350 0.002 166.055
9 Italy ルカ マリーニ 18 1'39.580 0.378 0.028 166.009
10 Spain ホルヘ マルティン 19 1'39.663 0.461 0.083 165.870

シェア
コメント
MotoGP導入の新アクションカム、「敵に情報与えすぎ」とミル批判。装着リンスは映像に満足げ
前の記事

MotoGP導入の新アクションカム、「敵に情報与えすぎ」とミル批判。装着リンスは映像に満足げ

次の記事

Moto3アルガルヴェ予選:ガルシアがキャリア初PP獲得。日本勢は10番手佐々木が最上位

Moto3アルガルヴェ予選:ガルシアがキャリア初PP獲得。日本勢は10番手佐々木が最上位
コメントを読み込む