アルガルヴェ初日、9番手の中上貴晶「いい1日。フィーリングも良く予選が楽しみ」

MotoGP第17戦アルガルヴェGPの初日を総合9番手タイムで終えた中上貴晶。彼は初日の走行を振り返ると、全体的なフィーリングもよく、予選が楽しみだと語った。

アルガルヴェ初日、9番手の中上貴晶「いい1日。フィーリングも良く予選が楽しみ」

 ポルトガルで11月5日から開催されているMotoGP第17戦アルガルヴェGP。その初日フリー走行で、LCRホンダの中上貴晶はFP1を12番手、FP2を9番手タイムで終了した。

 中上は直近のアメリカズGPとエミリア・ロマーニャGPでは苦しいレースが続いてしまっていた。しかし今回、第3戦ポルトガルGP以来2度目のアルガルヴェ・サーキットでの開催となったアルガルヴェGPでは、初日からまずまずの滑り出しを見せた。

 走行を振り返った中上はFP1こそ路面の汚れから難しい部分があったものの、FP2ではそれも改善し、フィーリングは良くなったとコメント。2日目の予選が楽しみだとも語った。

■LCR Honda IDEMITSU 中上貴晶

「いい一日でした。FP1は少し路面が汚れていて、かなり難しいコンディションでしたが、FP2はコンディションがよくなり、ラップタイムとマシンのフィーリングも向上しました」

「マシンの最適なバランスを見つける必要がありますが、全体的なフィーリングはとてもいいので、引き続き前進できるようにがんばります。予選が楽しみです」

 
Read Also:

シェア
コメント
ジョアン・ミル、苦しい2021年の戦いにメンタル”崩壊”「1週間も休んだのは昨年以来。今は充電OK」
前の記事

ジョアン・ミル、苦しい2021年の戦いにメンタル”崩壊”「1週間も休んだのは昨年以来。今は充電OK」

次の記事

【動画】新導入“ショルダーカム”。ライダーの操作赤裸々に

【動画】新導入“ショルダーカム”。ライダーの操作赤裸々に
コメントを読み込む