MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました

MotoGPドーハFP3:風強く砂塵舞う難コンディション。クアルタラロ首位もタイムは初日に及ばず

MotoGP第2戦ドーハGPのフリー走行3回目が行なわれた。トップタイムをマークしたのはファビオ・クアルタラロ。中上貴晶は15番手だ。

MotoGPドーハFP3:風強く砂塵舞う難コンディション。クアルタラロ首位もタイムは初日に及ばず

 ロサイル・インターナショナル・サーキットで開催中のMotoGP第2戦ドーハGP。2日目のフリー走行3回目が行なわれ、ヤマハのファビオ・クアルタラロがトップタイムをマークした。

 予選・決勝の行なわれる夜の時間帯とは大きくコンディションの異なるFP3。気温と路面温度だけではなく、風によって砂が巻き上げられてしまい、風景が白く霞むという難しいコンディションで行なわれた。

 1分56秒347のトップタイムをマークしたクアルタラロだが、そのタイムは初日FP2の自己ベストから2.5秒の差と言った点からもコンディションの厳しさが伺える。チームメイトのマーベリック・ビニャーレスは5番手タイムだ。

 2、3番手にはスズキのアレックス・リンスとジョアン・ミルが続いている。

 4番手には今季からテック3・KTMへ移籍したダニーロ・ペトルッチが入っているが、彼はわずか5周の走行に留まっている。

 6番手以下にはフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)、エネア・バスティアニーニ(エスポンソラマ)、アレックス・マルケス(LCRホンダ)、バレンティーノ・ロッシ(ペトロナス・ヤマハSRT)、ポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ)がトップ10の並びとなっている。

 ドゥカティのジャック・ミラー、プラマックのヨハン・ザルコとホルヘ・マルティン、そしてルカ・マリーニ(エスポンソラマ)はノータイムでFP3を終了。厳しいコンディションに出走を控えた。

 なお最終的に初日の自己ベストを更新し、総合タイムでトップ10に入ってくるライダーは現れず、予選組分けは初日FP2のタイムで決定されることになった。

 Q2への直接進出となったライダーは、ミラー、フランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)、ザルコ、クアルタラロ、マルティン、アレイシ・エスパルガロ(アプリリア)、モルビデリ、リンス、ビニャーレス、ステファン・ブラドル(レプソル・ホンダ)の10名だ。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 France ファビオ クアルタラロ 12 1'56.064     166.873
2 Spain アレックス リンス 14 1'56.347 0.283 0.283 166.467
3 Spain ジョアン ミル 13 1'56.450 0.386 0.103 166.320
4 Italy ダニーロ ペトルッチ 5 1'56.614 0.550 0.164 166.086
5 Spain マーベリック ビニャーレス 8 1'56.647 0.583 0.033 166.039
6 Italy フランコ モルビデリ 13 1'56.660 0.596 0.013 166.020
7 Italy エネア バスティアニーニ 11 1'56.668 0.604 0.008 166.009
8 Spain アレックス マルケス 7 1'56.701 0.637 0.033 165.962
9 Italy バレンティーノ ロッシ 15 1'56.718 0.654 0.017 165.938
10 Spain ポル エスパルガロ 10 1'56.789 0.725 0.071 165.837

シェア
コメント
ロッシ、ドーハGP予選は厳しい戦いになると予想。トラックコンディション悪化でグリップ低下

前の記事

ロッシ、ドーハGP予選は厳しい戦いになると予想。トラックコンディション悪化でグリップ低下

次の記事

Moto3ドーハ予選:マシア、カタール連勝に近づくポールポジション。日本勢は鈴木竜生が5番手タイム

Moto3ドーハ予選:マシア、カタール連勝に近づくポールポジション。日本勢は鈴木竜生が5番手タイム
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント ドーハGP