中上貴晶、難しいコンディションに悩まされQ2進出ならず「自分の走りができなかった」

LCR Honda IDEMITSUの中上貴晶は、MotoGP第2戦ドーハGPの予選で16番手となった。この日は強風と汚れた路面に悩まされ、前日のタイムを更新できなかった。

中上貴晶、難しいコンディションに悩まされQ2進出ならず「自分の走りができなかった」

 MotoGP第2戦ドーハGPの予選で、中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)はQ2進出を果たすことができず、16番グリッドから決勝レースをスタートすることになった。

 中上は初日を終えた段階で、Q2直接進出圏外である15番手。土曜日のフリー走行でタイムアップを果たし、Q1出走を免除される総合トップ10入りを目指した。しかしこの日は強い風が吹き、路面も汚れた状態。そんな中、中上のみならず、ひとりのライダーも自身の前日のタイムを更新することができなかった。

 Q1に出走した中上は、悪コンディションに悩まされて12台中6番手。Q2進出はならず、16番グリッドが確定することになった。

「今日のFP3とFP4、そして予選セッションは、予想のつかない難しいコンディションでした」

 中上はチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「1日中、強風が吹き荒れ、路面状況が目まぐるしく変化するなど、良いコンディションではありませんでした。その強風の中でMotoGPマシンを乗りこなすのは簡単ではありません」

「自分の走りができなかったこともあり、予選の結果には満足していません。明日の決勝に向けてどこを改善できるか、今夜、考えなければなりません」

 中上は厳しいグリッドポジションからのスタートということになったが、少しでも上の順位を目指すと前を向く。

「レースではベストを尽くします。良いスタートを切り、コンスタントなレースができることを願っています」

 

Read Also:

シェア
コメント
MotoGPドーハ予選:マルティン才能爆発! デビュー2戦目でポール獲得。プラマックがワンツー

前の記事

MotoGPドーハ予選:マルティン才能爆発! デビュー2戦目でポール獲得。プラマックがワンツー

次の記事

バレンティーノ・ロッシ、MotoGPキャリア最低の予選21番手に沈む……「全く力強さがなかった」

バレンティーノ・ロッシ、MotoGPキャリア最低の予選21番手に沈む……「全く力強さがなかった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント ドーハGP
サブイベント Q2
ドライバー 中上 貴晶
チーム Team LCR