MotoGPドーハ決勝:クアルタラロ今季初優勝、ヤマハがロサイル連戦を制覇。マルティン3位表彰台

MotoGP2021年シーズン第2戦ドーハGPの決勝レースが行なわれ、ヤマハのファビオ・クアルタラロが優勝。ヤマハは開幕戦から2連勝となった。

MotoGPドーハ決勝:クアルタラロ今季初優勝、ヤマハがロサイル連戦を制覇。マルティン3位表彰台

 開幕戦から連戦となったMotoGP第2戦ドーハGP。その決勝レースが行なわれ、ヤマハのファビオ・クアルタラロが優勝を果たした。

 全21周の決勝レースが開始すると、ポールポジションのホルヘ・マルティン(プラマック)が好スタートを決めて先行。一方で3番グリッドのマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)は出足が悪く集団に飲み込まれてポジションを落としてしまった。

 オープニングラップを終えての順位はマルティン、チームメイトのヨハン・ザルコ、アレイシ・エスパルガロ(アプリリア)のトップ3。ただ彼らも抜け出すまでは至らず、スズキのアレックス・リンスやミゲル・オリベイラ(KTM)といったライダーが後方に続いた。

 リンスは序盤から前を狙っていくと、アレイシ・エスパルガロをオーバーテイクして3番手に浮上。5周目にはザルコにも追い抜きを仕掛けて2番手に浮上。先頭のマルティンを逃すまいとペースを上げた。

 リンスは何度かマルティンへのオーバーテイクを狙う素振りを見せるが、抜ききることができない。さらにホームストレートではドゥカティ勢との速度差が大きく、ザルコによる追い抜きを許してしまい、3番手に後退してしまった。

 レース折り返しを過ぎた頃、フランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)がリンスをかわして3番手に浮上。ドゥカティ勢がトップ3を占める展開となった。

 レース残り6周、トップ争いが激化。レース終盤になってペースを上げ、リンスとバニャイヤを追い抜き2番手まで浮上していたクアルタラロが、インフィールドセクションでマルティンにチャージをかけると、残り4周で先頭に躍り出た。

 クアルタラロは先頭に出た後、一気に後続を引き離しにかかり、ホームストレートでの追い抜きも許さずポジションを確保。そこからは徐々にギャップを広げていき、トップチェッカー。今季初優勝を挙げた。

 2位は最終ラップのターン14でオーバーテイクを成功させたザルコ。3位はレースの大半で先頭を引っ張ったマルティンで、彼はデビュー2戦目にして早くも初表彰台となった。

 2位と3位をプラマックが獲得した一方で、ドゥカティのファクトリーチームはバニャイヤが6位、ジャック・ミラーが9位と後塵を拝する結果に終わった。

 LCRホンダの中上貴晶は16番手からのスタートでなかなかポジションを上げることができず、最終的に17位でフィニッシュ。ポイント圏外の苦しいレースとなった。

 なおペトロナス・ヤマハSRTのバレンティーノ・ロッシは16位でレースを終えている。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 France ファビオ クアルタラロ 22 42'23.997     167.4 25
2 France ヨハン ザルコ 22 42'25.454 1.457 1.457 167.3 20
3 Spain ホルヘ マルティン 22 42'25.497 1.500 0.043 167.3 16
4 Spain アレックス リンス 22 42'26.085 2.088 0.588 167.3 13
5 Spain マーベリック ビニャーレス 22 42'26.107 2.110 0.022 167.3 11
6 Italy フランチェスコ バニャイヤ 22 42'26.639 2.642 0.532 167.3 10
7 Spain ジョアン ミル 22 42'28.865 4.868 2.226 167.1 9
8 South Africa ブラッド ビンダー 22 42'28.976 4.979 0.111 167.1 8
9 Australia ジャック ミラー 22 42'29.362 5.365 0.386 167.1 7
10 Spain アレイシ エスパルガロ 22 42'29.379 5.382 0.017 167.1 6

シェア
コメント
中上貴晶、タイヤに苦しみ17位完走「ラップタイムをキープできなかった」

前の記事

中上貴晶、タイヤに苦しみ17位完走「ラップタイムをキープできなかった」

次の記事

ヤマハのクアルタラロ、一時9番手に下がるもドーハGP勝利「最も特別な1勝」

ヤマハのクアルタラロ、一時9番手に下がるもドーハGP勝利「最も特別な1勝」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント ドーハGP