MotoGPポルトガル決勝:クアルタラロ、大差勝利でランク首位浮上。マルク・マルケスが7位

MotoGP第3戦ポルトガルGPの決勝レースが行なわれ、ヤマハのファビオ・クアルタラロが優勝。2連勝でポイントリーダーに立った。

MotoGPポルトガル決勝:クアルタラロ、大差勝利でランク首位浮上。マルク・マルケスが7位

 アルガルヴェ・サーキットで行なわれた2021年MotoGP第3戦ポルトガルGP。優勝を果たしたのはヤマハのファビオ・クアルタラロで、彼はドーハGPから2連勝となった。

 2020年7月に負った怪我で長く戦線を離脱していたマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)の復帰戦となったポルトガルGP。天候も良く、気温25℃、路面温度41℃のコンディションで全25周のレースが開始された。

 2連勝を記録したクアルタラロはポールポジションからのスタートだったが、蹴り出しが悪く序盤は6番手周辺で走行。ヨハン・ザルコ(プラマック)、そしてアレックス・リンス(スズキ)がレースをリードする中、するするとポジションを上げていくと8周目には先頭を奪い取った。

 クアルタラロ、そしてリンスの2名のペースが周囲より良く、優勝争いは彼らふたりに絞られた。しかしリンスは残り7周というところで転倒を喫してしまい脱落。クアルタラロは2番手に4秒以上の差を付ける独走体制に。そのまま危なげなく走りきって2連勝を達成した。彼はこれでポイントリーダーの座をザルコから奪い取った。

 2位に入ったのはドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤ。追い上げのレースを展開し、終盤に表彰台圏内に浮上。最後はジョアン・ミル(スズキ)の追撃を退けて2位を確保した。

 そのミルは3位を確保。終盤に前を走るザルコが転倒したことも助けになり、スズキそして彼にとっても今季初の表彰台を持ち帰った。

 復帰戦となったマルク・マルケスはオープニングラップに3番手を走るなど、一時は表彰台かとも思われた。ただ徐々に順位を落としていき、最終的には7位でフィニッシュ。しかし9ヵ月ぶりのMotoGPで見事にシングルフィニッシュを勝ち取ってみせた。なおチームメイトのポル・エスパルガロはマシントラブルがあったようで、レース序盤にリタイアとなった。

 グランプリ初日に転倒を喫し、その影響で痛む身体を押してレース出場を選んだ中上貴晶(LCRホンダ)は、最後尾スタートだったがオープニングラップで一気にポジションをアップ。そこから転倒者が続出するレースを無事に走り切って10位を確保し、今季初のポイントを持ち帰った。

 今回FPから予選を通じて苦戦していたバレンティーノ・ロッシ(ペトロナス・ヤマハSRT)は、14周目に転倒を喫し、リタイアとなった。

 ヘレス・サーキットを舞台に行なわれる第4戦スペインGPは4月30日〜5月2日にかけて行なわれる。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 France ファビオ クアルタラロ 25 -       25
2 Italy フランチェスコ バニャイヤ 25 4.809 4.809 4.809   20
3 Spain ジョアン ミル 25 4.948 4.948 0.139   16
4 Italy フランコ モルビデリ 25 5.127 5.127 0.179   13
5 South Africa ブラッド ビンダー 25 6.668 6.668 1.541   11
6 Spain アレイシ エスパルガロ 25 8.885 8.885 2.217   10
7 Spain マルク マルケス 25 13.208 13.208 4.323   9
8 Spain アレックス マルケス 25 17.992 17.992 4.784   8
9 Italy エネア バスティアニーニ 25 22.369 22.369 4.377   7
10 Japan 中上 貴晶 25 23.676 23.676 1.307   6

シェア
コメント
Moto2ポルトガル決勝:予選4番手小椋、転倒リタイアで終わる。ラウル・フェルナンデスが初優勝

前の記事

Moto2ポルトガル決勝:予選4番手小椋、転倒リタイアで終わる。ラウル・フェルナンデスが初優勝

次の記事

2連勝ファビオ・クアルタラロ、2021年型M1に自信深める「どこでも上手く機能する」

2連勝ファビオ・クアルタラロ、2021年型M1に自信深める「どこでも上手く機能する」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント Portugal GP