MotoGPフランスFP2:まるで予選! アタック合戦制したザルコが母国戦初日首位。中上10番手

MotoGP第5戦フランスGPのフリー走行2回目が行なわれた。トップタイムをマークしたのはヨハン・ザルコだ。

MotoGPフランスFP2:まるで予選! アタック合戦制したザルコが母国戦初日首位。中上10番手

 ブガッティサーキットで行なわれているMotoGP第5戦フランスGPの、フリー走行2回目が行なわれた。トップタイムをマークしたのは今回が母国戦のヨハン・ザルコ(プラマック)だった。

 セッション序盤はドライコンディションで進行。しかし厚い雲が上空に立ち込めつつあり、2日目の天候が雨となった場合も考えて、ライダーたちは予選組分けを意識した攻めの走りを序盤から見せた。

 結局、天候はFP2終了まで保ったが、予選Q2への直接進出を決める総合トップ10に残るため、各ライダーは激しいアタック合戦を繰り広げた。

 最終的に1分31秒747のトップタイムを記録したのは、母国戦のザルコ。ファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)が2番手となり、地元フランス人ライダーが速さを見せた。

 総合3番手タイムにはヤマハのマーベリック・ビニャーレスが続いた。またペトロナス・ヤマハSRTのフランコ・モルビデリとバレンティーノ・ロッシも、それぞれ総合5番手と9番手でQ2直接進出圏内に食い込んでおり、FP1とは打って変わってヤマハ勢が上位に名を連ねた。

 総合4番手にはレプソル・ホンダのポル・エスパルガロが入った。ホンダ移籍後苦しい戦いが続いているが、今回はFP2から他ホンダ勢を上回る速さを見せている。

Read Also:

 LCRホンダの中上貴晶はセッション序盤からタイムシート上位につけていたが、終盤のアタックで自己ベストを改善できず、最終的に総合10番手タイムに留まった。

 なおFP2では各ライダーが攻めたからか、非常に多くの転倒が発生。特にターン3では2度転倒したアレイシ・エスパルガロ(アプリリア)を始めとして4名が転倒を喫していた。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 France ヨハン ザルコ 21 1'31.747     174.296
2 France ファビオ クアルタラロ 16 1'31.842 0.095 0.095 174.116
3 Spain マーベリック ビニャーレス 22 1'32.136 0.389 0.294 173.560
4 Spain ポル エスパルガロ 23 1'32.137 0.390 0.001 173.558
5 Italy フランコ モルビデリ 21 1'32.279 0.532 0.142 173.291
6 Portugal ミゲル オリベイラ 20 1'32.296 0.549 0.017 173.259
7 Australia ジャック ミラー 20 1'32.361 0.614 0.065 173.138
8 Spain マルク マルケス 19 1'32.632 0.885 0.271 172.631
9 Italy バレンティーノ ロッシ 24 1'32.669 0.922 0.037 172.562
10 Japan 中上 貴晶 20 1'32.711 0.964 0.042 172.484

シェア
コメント
MotoGP、7月のフィンランドGPが中止。代替戦追加でレッドブルリンクは2連戦に
前の記事

MotoGP、7月のフィンランドGPが中止。代替戦追加でレッドブルリンクは2連戦に

次の記事

バレンティーノ・ロッシ、久しぶりのトップ10入り。ヘレステストで改善の鍵掴んだ?

バレンティーノ・ロッシ、久しぶりのトップ10入り。ヘレステストで改善の鍵掴んだ?
コメントを読み込む