MotoGPイタリアFP1:ビニャーレス、“父”になって初のトップタイム。母国戦のロッシは17番手と苦戦

MotoGP第6戦イタリアGPのフリー走行1回目が行なわれた。トップタイムを記録したのは、ヤマハのマーベリック・ビニャーレスだ。

MotoGPイタリアFP1:ビニャーレス、“父”になって初のトップタイム。母国戦のロッシは17番手と苦戦

 ムジェロ・サーキットでMotoGP第6戦イタリアGPのフリー走行1回目が行なわれた。トップタイムをマークしたのはヤマハのマーベリック・ビニャーレスだった。

 天候に翻弄された前戦フランスGPから2週間。ドゥカティの母国戦となるイタリアGP初日は前戦とは正反対の雲ひとつ無い快晴で、気温20℃、路面温度26℃というコンディションで走行が開始された。

 フリー走行1回目はビニャーレスが序盤からタイムを縮めていくと、セッション終盤までトップを維持していた。ただ残り時間が数分となって各ライダーのアタックが始まると、トップタイムはアレックス・リンス(スズキ)との激しい叩き合いになった。

 そして最終的にはラストアタックで1分46秒593をマークしたビニャーレスがFP1のトップタイムに。ビニャーレスは先日子供が生まれたばかりであり、父親となって初めてのトップタイムをマークしたセッションとなった。

 2番手には最後のアタックで一気にタイムを更新したヨハン・ザルコ(プラマック/+0.209秒)が割って入り、3番手にリンス(+0.359秒)という並びだ。また4番手にはジョアン・ミル(スズキ)が続いている。

 ポイントランク首位のファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)は序盤から中盤にかけてタイムシート上位に並んでいたが、最終的にはビニャーレスから0.973秒差の8番手に留まった。

 また2連勝を収めてチームの母国戦に挑んでいるジャック・ミラー(ドゥカティ)は1.123秒差の9番手タイムだ。

 LCRホンダの中上貴晶はセッション序盤に一時3番手タイムを記録。後半の走行ではタイムは伸びず、1.198秒差の11番手でFP1を終えた。またレプソル・ホンダのマルク・マルケスは16番手(+1.648秒)となっている。

 ペトロナス・ヤマハSRTのバレンティーノ・ロッシも今回が母国GPとなっているが、FP1では1.709秒差の17番手と苦戦している状況だ。 

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Spain マーベリック ビニャーレス 20 1'46.593     177.141
2 France ヨハン ザルコ 18 1'46.802 0.209 0.209 176.794
3 Spain アレックス リンス 19 1'46.952 0.359 0.150 176.546
4 Spain ジョアン ミル 19 1'47.176 0.583 0.224 176.177
5 Italy フランコ モルビデリ 18 1'47.184 0.591 0.008 176.164
6 Italy フランチェスコ バニャイヤ 18 1'47.186 0.593 0.002 176.161
7 Italy ミケーレ ピッロ 16 1'47.555 0.962 0.369 175.556
8 France ファビオ クアルタラロ 18 1'47.566 0.973 0.011 175.538
9 Australia ジャック ミラー 20 1'47.716 1.123 0.150 175.294
10 Portugal ミゲル オリベイラ 17 1'47.748 1.155 0.032 175.242

シェア
コメント
マルケス、怪我の影響で”再休養”も検討していたと明かす……「肩にも痛みが出てしまっている」
前の記事

マルケス、怪我の影響で”再休養”も検討していたと明かす……「肩にも痛みが出てしまっている」

次の記事

母国GPのバレンティーノ・ロッシ、将来を決定づけるムジェロからの4戦に「ただ楽しむだけ」

母国GPのバレンティーノ・ロッシ、将来を決定づけるムジェロからの4戦に「ただ楽しむだけ」
コメントを読み込む