MotoGPカタルニアFP2:ザルコ僅差でモルビデリ抑え首位。中上貴晶は11番手タイム

MotoGP第7戦カタルニアGPのフリー走行2回目が行なわれた。トップタイムをマークしたのはプラマックのヨハン・ザルコだった。

MotoGPカタルニアFP2:ザルコ僅差でモルビデリ抑え首位。中上貴晶は11番手タイム

 MotoGP第7戦カタルニアGPのフリー走行2回目が行なわれた。トップタイムをマークしたのはプラマックのヨハン・ザルコだ。

 フリー走行2回目は上空に雲がかかったが、気温27℃、路面温度38℃のドライコンディションでセッションが進められた。

 FP2セッション序盤はフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)が好走。1分39秒909と唯一の39秒台のタイムをマークしてトップに立ち、終盤のアタックタイミングまでこのタイムが更新されることはなかった。

 各車のアタックが始まると、タイムシートは次々と変動。KTMのブラッド・ビンダーやマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)やザルコといった面々が暫定トップとなっていたモルビデリを超えるタイムをマークしていった。

 そのモルビデリもアタックに入ると、1分39秒256と更に自己ベストを更新してトップを奪還。しかし連続アタックに入っていたザルコが、わずか0.021秒差でそれを上回り、ベストタイムを更新。FP2トップとなった。

 2番手タイムはモルビデリ、3番手にはファビオ・クアルタラロ(ヤマハ/+0.166秒)が続いた。4番手(+0.427秒)にはビンダーが続き、前戦で今季初表彰台を獲得した好調を継続している様子だ。

 FP1で首位と3番手と好調だったエスパルガロ兄弟だが、FP2ではアレイシ・エスパルガロ(アプリリア/+0.748秒)が9番手、ポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ/+0.748秒)が10番手タイムとなった。

 日本人ライダーの中上貴晶(LCRホンダ/+0.797秒)は、終盤のアタックで1分40秒032までタイムを改善。最終的に11番手タイムでFP2を終えた。

 ディフェンディングチャンピオンのジョアン・ミル(スズキ)は、チームメイトのアレックス・リンスが負傷欠場のため1人体制でグランプリに挑んでいるが、FP2では16番手タイム(+0.915秒)と苦しい初日になった。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 France ヨハン ザルコ 18 1'39.235     171.483
2 Italy フランコ モルビデリ 18 1'39.256 0.021 0.021 171.447
3 France ファビオ クアルタラロ 19 1'39.401 0.166 0.145 171.197
4 South Africa ブラッド ビンダー 17 1'39.662 0.427 0.261 170.749
5 Italy フランチェスコ バニャイヤ 17 1'39.760 0.525 0.098 170.581
6 Spain マーベリック ビニャーレス 19 1'39.821 0.586 0.061 170.477
7 Australia ジャック ミラー 19 1'39.914 0.679 0.093 170.318
8 Italy エネア バスティアニーニ 16 1'39.977 0.742 0.063 170.211
9 Spain アレイシ エスパルガロ 19 1'39.983 0.748 0.006 170.200
10 Spain ポル エスパルガロ 18 1'39.983 0.748 0.000 170.200

シェア
コメント
Moto2カタルニア初日:ラウル・フェルナンデス総合トップ。小椋藍は9番手で初日終える
前の記事

Moto2カタルニア初日:ラウル・フェルナンデス総合トップ。小椋藍は9番手で初日終える

次の記事

ガードナー昇格で崖っぷち、ペトルッチ「今年でキャリアが終わっても悔いはない」

ガードナー昇格で崖っぷち、ペトルッチ「今年でキャリアが終わっても悔いはない」
コメントを読み込む