MotoGPドイツFP1:マルク・マルケス、得意ドイツで久々トップタイム。中上貴晶3番手

MotoGP第8戦ドイツGPのフリー走行1回目が行なわれた。トップタイムをマークしたのはレプソル・ホンダのマルク・マルケスだった。

MotoGPドイツFP1:マルク・マルケス、得意ドイツで久々トップタイム。中上貴晶3番手

 ザクセンリンク・サーキットでMotoGP第8戦ドイツGPのフリー走行1回目が行なわれた。このセッションでトップタイムを記録したのは、レプソル・ホンダのマルク・マルケスだ。

 サーキット周辺は好天で、気温29℃、路面温度37℃のコンディションでレースウィーク最初のセッションを迎えた。

 ザクセンリンクはレプソル・ホンダのマルク・マルケスが下位クラスも含めて10連勝を収めている、彼にとっては“庭”のようなコース。昨年7月の負傷の影響が未だに残るマルケスだが、今回は良い走りができると自信を持っての現地入りだった。

 FP1でトップタイムを記録したのはそのマルケス。タイムは1分21秒660だ。マルケスはセッション序盤からタイムシートのトップにつける走りで、トップタイムも序盤4周目に記録したものだった。

 2番手タイムはファビオ・クアルタラロ(ヤマハ/+0.168秒)。クアルタラロはセッション序盤にターン12でクラッシュを喫し、その際は右肩を押さえる仕草も見せていたが、タイム面では影響を見せなかった。

 3番手タイム(+0.276秒)にはLCRホンダの中上貴晶が続いた。中上もセッション序盤からタイムシート上位に並ぶ走りを見せ、好位置でFP1を終えた。また4番手にはポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ/+0.350秒)も続いており、ホンダ勢が好調な滑り出しを見せたセッションとなった。

 ドゥカティ勢では6番手(+0.391秒)に入ったジャック・ミラーが最上位。チームメイトのフランチェスコ・バニャイヤは11番手(+0.600秒)となっている。

 第6戦カタルニアGP開催前に右腕骨折の怪我を負ったスズキのアレックス・リンスは、早くも今戦から復帰。FP1では7番手タイム(+0.416秒)をマークしている。

 ペトロナス・ヤマハSRTのバレンティーノ・ロッシは、FP1で20番手タイム(+1.031秒)と苦戦。チームメイトのフランコ・モルビデリも14番手(+0.877秒)に留まった。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Spain マルク マルケス 25 1'21.660     160.690
2 France ファビオ クアルタラロ 20 1'21.828 0.168 0.168 160.360
3 Japan 中上 貴晶 22 1'21.936 0.276 0.108 160.149
4 Spain ポル エスパルガロ 19 1'22.010 0.350 0.074 160.004
5 Spain アレイシ エスパルガロ 19 1'22.040 0.380 0.030 159.946
6 Australia ジャック ミラー 22 1'22.051 0.391 0.011 159.924
7 Spain アレックス リンス 19 1'22.076 0.416 0.025 159.876
8 France ヨハン ザルコ 22 1'22.148 0.488 0.072 159.736
9 Spain ジョアン ミル 22 1'22.172 0.512 0.024 159.689
10 Spain マーベリック ビニャーレス 25 1'22.253 0.593 0.081 159.532

シェア
コメント
マルケス「初めて制限ナシで走れそう!」ザクセンリンク10連勝の“王”復活なるか?
前の記事

マルケス「初めて制限ナシで走れそう!」ザクセンリンク10連勝の“王”復活なるか?

次の記事

Moto3ドイツ初日:鈴木竜生が初日総合2番手をマーク。首位はマクフィー&ランク首位アコスタ3番手

Moto3ドイツ初日:鈴木竜生が初日総合2番手をマーク。首位はマクフィー&ランク首位アコスタ3番手
コメントを読み込む