MotoGPドイツFP2:前戦ウイナーのオリベイラが首位。中上貴晶6番手、マルケスは12番手に留まる

MotoGP第8戦ドイツGPのフリー走行2回目が行なわれた。トップタイムを記録したのはKTMのミゲル・オリベイラだった。

MotoGPドイツFP2:前戦ウイナーのオリベイラが首位。中上貴晶6番手、マルケスは12番手に留まる

 2021年のMotoGP第8戦ドイツGPのフリー走行2回目が行なわれた。トップタイムを記録したのはKTMのミゲル・オリベイラだった。

 ザクセンリンクは快晴に恵まれ、気温32℃、路面温度は52℃と暑いコンディションでFP2が開始された。

 FP1ではこれまで怪我に苦しんでいたマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)がトップタイムをマークし、得意とするザクセンリンクで復調の兆しを見せた。それはFP2でも変わらず、マルケスは序盤から積極的な走りでタイムシート上位に並んだ。

 その後の終盤のアタック合戦を経て、最終的にFP2トップタイムをマークしたのはオリベイラ。前戦カタルニアGPで今季初優勝を挙げたばかりだが、ドイツGPでも初日から好調なパフォーマンスを見せた。

 2番手、3番手(+0.220秒/+0.333秒)にはヤマハのファビオ・クアルタラロとマーベリック・ビニャーレスが続いた。

 また右腕骨折でカタルニアGPを欠場し、今回のドイツGPで復帰したスズキのアレックス・リンスが4番手(+0.387秒)と上位に食い込むタイムをマークしている。チームメイトのジョアン・ミルは16番手タイム(+0.763秒)だ。

 ホンダ勢は5番手のポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ/+0.418秒)が最上位。6番手には中上貴晶(LCRホンダ/+0.441秒)が続いた。

 FP1からFP2中盤にかけて好調な走りを見せていたマルケスは、終盤のアタックではタイムを更新することができず、最終的に12番手タイム(+0.601秒)に留まった。

 このザクセンリンクを伝統的に苦手としているドゥカティは、ヨハン・ザルコ(プラマック)が記録した8番手タイム(+0.491秒)が最上位となった。

 ペトロナス・ヤマハSRTのバレンティーノ・ロッシは、FP1に引き続き苦しいセッションとなり、21番手タイム(+1.278秒)で終えている。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Portugal ミゲル オリベイラ 23 1'20.690     162.622
2 France ファビオ クアルタラロ 22 1'20.910 0.220 0.220 162.180
3 Spain マーベリック ビニャーレス 22 1'21.023 0.333 0.113 161.954
4 Spain アレックス リンス 23 1'21.077 0.387 0.054 161.846
5 Spain ポル エスパルガロ 20 1'21.108 0.418 0.031 161.784
6 Japan 中上 貴晶 24 1'21.131 0.441 0.023 161.738
7 Spain アレイシ エスパルガロ 20 1'21.143 0.453 0.012 161.714
8 France ヨハン ザルコ 20 1'21.181 0.491 0.038 161.638
9 Australia ジャック ミラー 22 1'21.192 0.502 0.011 161.616
10 Italy フランコ モルビデリ 18 1'21.228 0.538 0.036 161.545

シェア
コメント
Moto2ドイツ初日:レミー・ガードナー初日総合トップ。小椋藍は20番手
前の記事

Moto2ドイツ初日:レミー・ガードナー初日総合トップ。小椋藍は20番手

次の記事

ホンダの苦戦、改善に「“バイク新造”は必要ない」とエスパルガロ弟。掴んだ糸口をドイツで実証目指す

ホンダの苦戦、改善に「“バイク新造”は必要ない」とエスパルガロ弟。掴んだ糸口をドイツで実証目指す
コメントを読み込む