MotoGPドイツ予選:ヨハン・ザルコ、初優勝の期待膨らむPP。アプリリア、復帰後初フロントロウ

MotoGP第8戦ドイツGPの予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはプラマックのヨハン・ザルコだった。

MotoGPドイツ予選:ヨハン・ザルコ、初優勝の期待膨らむPP。アプリリア、復帰後初フロントロウ

 ザクセンリンクで行なわれているMotoGP第8戦ドイツGP。19日にその予選が行なわれ、ヨハン・ザルコ(プラマック)がポールポジションを獲得した。

 サーキット周辺は好天に恵まれ、予選開始時には気温31℃、路面温度は52℃まで上昇した。

 予選Q1の前半ではアレックス・リンス(スズキ)がトップタイムをマーク。ポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ)、ブラッド・ビンダー(KTM)、ジョアン・ミル(スズキ)いった有力ライダーがそこに続いた。

 後半のアタックが始まるとリンスが1分20秒644でトップをキープ。2番手にポル・エスパルガロが続いて最後のアタックに入った。

 フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)が最速タイムを刻むペースでコースを回っていたが、彼は最終コーナーで転倒。これによってタイム更新はできなかった。またこの転倒でイエローフラッグが掲出。タイム更新ができないライダーも何人かいた。

 結果、リンスとポル・エスパルガロのタイムを超えるライダーは現れずにQ1は終了。この2人がQ2へと駒を進めた。

 続くQ2が開始されると、まずはマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)がトップタイムをマーク。しかしファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)が1分20秒437をマークしてトップタイムとした状態でQ2折返しを迎えた。

 また今季の予選ではまま見られるシーンだが、コース上でライダー達が位置取りのためにスロー走行をする姿も見られた。

 セッションも終盤となりアタックが本格化すると、ザルコが1分20秒236をマーク。クアルタラロを抜いてトップに立った。

 ザルコはそのまま更にタイム更新を狙ってアタックを続けたが、ターン4で転倒。先に記録したタイムで予選を終えることになった。

 その後各ライダーが最後のアタックを行なったものの、トップタイムは更新されないまま。ザルコが今季初ポールポジションを獲得した。

 2番手にはクアルタラロ、そして3番手にはアプリリアのアレイシ・エスパルガロが続いた。アプリリアのフロントロウ獲得は、2015年のMotoGP復帰後初めてのことだ。

 LCRホンダの中上貴晶は、最後のアタックに入った直後のターン1で転倒があり最後にタイムを更新することができず。9番手で予選を終えた。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 France ヨハン ザルコ 7 1'20.236     163.542
2 France ファビオ クアルタラロ 9 1'20.247 0.011 0.011 163.520
3 Spain アレイシ エスパルガロ 7 1'20.447 0.211 0.200 163.113
4 Australia ジャック ミラー 10 1'20.508 0.272 0.061 162.990
5 Spain マルク マルケス 9 1'20.567 0.331 0.059 162.870
6 Portugal ミゲル オリベイラ 8 1'20.589 0.353 0.022 162.826
7 Spain ホルヘ マルティン 8 1'20.617 0.381 0.028 162.769
8 Spain ポル エスパルガロ 5 1'20.659 0.423 0.042 162.684
9 Japan 中上 貴晶 8 1'20.810 0.574 0.151 162.380
10 Italy フランチェスコ バニャイヤ 8 1'20.811 0.575 0.001 162.378

シェア
コメント
Moto3ドイツ予選:サラックが初ポール獲得。鈴木竜生が3番手フロントロウスタート
前の記事

Moto3ドイツ予選:サラックが初ポール獲得。鈴木竜生が3番手フロントロウスタート

次の記事

KTM好調の鍵が“新型シャシー”だと思うのは間違い? オリベイラは“以前から強さあった”と主張

KTM好調の鍵が“新型シャシー”だと思うのは間違い? オリベイラは“以前から強さあった”と主張
コメントを読み込む