MotoGPオランダFP1:ビニャーレス、不調ドイツから一転トップタイム。中上貴晶8番手

MotoGP第9戦オランダGPのフリー走行1回目が行なわれた。トップタイムをマークしたのはヤマハのマーベリック・ビニャーレスだ。

MotoGPオランダFP1:ビニャーレス、不調ドイツから一転トップタイム。中上貴晶8番手

 TTサーキット・アッセンで行なわれているMotoGP第9戦オランダGP。初日のフリー走行1回目は、ヤマハのマーベリック・ビニャーレスがトップタイム(1分33秒072)をマークした。

 オランダGPは降雨も予報されていたが、初日FP1では好天が保たれた。気温は19℃、路面温度24℃と前戦フランスGPと比較すると涼しいコンディションだ。

 前回のドイツGPで最後尾と大苦戦したビニャーレスは、一転してオランダGPのFP1でトップタイムという結果に。序盤から積極的な走りでタイムシート上位に並んでいたが、終盤にかけて更にタイムを縮めた。チームメイトのファビオ・クアルタラロは4番手(+0.561秒)だ。

 なお序盤にはゆったりとした走りをしていたギャレット・ガーロフ(ペトロナス・ヤマハSRT/フランコ・モルビデリの代役)を押しのけるようなシーンもあった。そのガーロフは初体験のアッセンに苦戦し、最後尾22番手(+2.889秒)に留まった。

 2番手タイム(+0.111秒)を記録したのはレプソル・ホンダのポル・エスパルガロ。セッション序盤にはチームメイトのマルク・マルケスと互いの位置を入れ替えながらのランデブー走行も行なっていた。なおエスパルガロは前戦ドイツGPでのマルケス優勝を受け、彼のセッティングを使用する意向を明かしている。なおマルケスは最終的に9番手タイム(+0.976秒)となった。

 3番手タイム(+0.429秒)はスズキのアレックス・リンス。前戦ドイツGPで右腕の橈骨骨折から復帰し、すぐに速さを示していたが、今回も好調のようだ。

 ドゥカティ勢最上位は5番手(+0.815)のヨハン・ザルコ(プラマック)。また6番手(+0.867秒)にはテック3・KTMのダニーロ・ペトルッチが続いた。

 LCRホンダの中上貴晶は、8番手タイム(+0.932秒)でセッションを終了している。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Spain マーベリック ビニャーレス 23 1'33.072     175.683
2 Spain ポル エスパルガロ 21 1'33.183 0.111 0.111 175.474
3 Spain アレックス リンス 21 1'33.501 0.429 0.318 174.877
4 France ファビオ クアルタラロ 19 1'33.633 0.561 0.132 174.630
5 France ヨハン ザルコ 19 1'33.887 0.815 0.254 174.158
6 Italy ダニーロ ペトルッチ 20 1'33.939 0.867 0.052 174.061
7 Spain アレイシ エスパルガロ 19 1'33.993 0.921 0.054 173.961
8 Japan 中上 貴晶 21 1'34.004 0.932 0.011 173.941
9 Spain マルク マルケス 21 1'34.048 0.976 0.044 173.860
10 Italy Lorenzo Savadori 19 1'34.098 1.026 0.050 173.767

シェア
コメント
キャリア最悪のシーズンを送るビニャーレス「何度も諦めそうになった」

前の記事

キャリア最悪のシーズンを送るビニャーレス「何度も諦めそうになった」

次の記事

オランダGPでは“現実”に返ることになる……マルケス、ドイツ復活優勝の再現は当分ナシか

オランダGPでは“現実”に返ることになる……マルケス、ドイツ復活優勝の再現は当分ナシか
コメントを読み込む