MotoGPオランダFP2:“ダッチウェザー”の雨。不完全燃焼なセッションに……。中上は総合トップ10逃す

MotoGP第9戦オランダGPのフリー走行2回目が行なわれた。トップタイムを記録したのはヤマハのマーベリック・ビニャーレスだった。

MotoGPオランダFP2:“ダッチウェザー”の雨。不完全燃焼なセッションに……。中上は総合トップ10逃す

 MotoGP第9戦オランダGPのフリー走行2回目が行なわれた。トップタイムはヤマハのマーベリック・ビニャーレスだった。2番手はミゲル・オリベイラ(KTM)、3番手はファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)となった。

 直前に行なわれたMoto3クラスの走行終盤には一時雨が降ったが、MotoGPクラスのフリー走行2回目開始時には雨は止み、各車はスリックタイヤでコースへと向かった。

 しかし暗い雲が空を覆っており、雨が降り出すことも予想されたためか、セッション序盤からタイムが上がり気味の展開となり、FP1に引き続きビニャーレスがタイムシートの一番上に並んだ。

 懸念されていた雨が降り始めたのはセッション中盤。このタイミングでライダーたちはガレージへと戻り、小休止となった。

 残り10分、路面がフルウエットとなったタイミングで、アレックス・リンス(スズキ)、ホルヘ・マルティン(プラマック)、ロレンソ・サヴァドーリ(アプリリア)らがコースイン。これをきっかけに多くのライダーがレインタイヤでの走行に向かった。

 その後はレイン用セッティングを確かめる走行が続き、セッションは終了。FP2序盤にタイムを刻んだビニャーレスがトップタイムとなった。

 なおマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)はセッション序盤にターン10でハイサイドを喫して転倒。右腕へのダメージが心配されたが、ひとまず問題はなかったようで、ガレージへと戻った。ただマルケスはその後の走行は取りやめている。

 LCRホンダの中上貴晶は、FP2を20番手タイムで終了。タイムアタックを行なう前に雨が降り始めてしまったため、FP1での自己ベストを更新できず、総合タイムでは11番手と予選Q2直接進出圏外となってしまった。

 FP1からFP2の総合トップ10はビニャーレス、ポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ)、ミゲル・オリベイラ(KTM)、クアルタラロ、リンス、マルク・マルケス、ジョアン・ミル(スズキ)、ヨハン・ザルコ(プラマック)、ダニーロ・ペトルッチ(テック3)、アレイシ・エスパルガロ(アプリリア)となっている。

 サーキット周辺は土曜日まで雨が残ることが予想されており、FP3開始までに路面が乾かなかった場合、予選組分けは初日のタイムで決定される可能性もある。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Spain マーベリック ビニャーレス 14 1'33.241     175.364
2 Portugal ミゲル オリベイラ 12 1'33.400 0.159 0.159 175.066
3 France ファビオ クアルタラロ 13 1'33.491 0.250 0.091 174.895
4 Spain マルク マルケス 4 1'33.560 0.319 0.069 174.766
5 Spain ジョアン ミル 11 1'33.701 0.460 0.141 174.504
6 France ヨハン ザルコ 12 1'33.708 0.467 0.007 174.490
7 Spain アレックス リンス 15 1'33.960 0.719 0.252 174.022
8 Australia ジャック ミラー 7 1'34.066 0.825 0.106 173.826
9 Spain アレイシ エスパルガロ 8 1'33.925 0.684   174.087
10 Spain ポル エスパルガロ 9 1'34.096 0.855 0.171 173.771

シェア
コメント
Moto2オランダ初日:アウグスト・フェルナンデス総合トップ。KTM Ajoのレミー&ラウル争い続く

前の記事

Moto2オランダ初日:アウグスト・フェルナンデス総合トップ。KTM Ajoのレミー&ラウル争い続く

次の記事

マルケス、ハイサイド転倒も怪我はなく「幸運だった」ホンダには電子制御改善を要求

マルケス、ハイサイド転倒も怪我はなく「幸運だった」ホンダには電子制御改善を要求
コメントを読み込む